ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

一鉢だけ芽吹きが遅い理由

今日もメアリーのところに遊びに来てくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

ずいぶん、春らしい 暖かい日が増えてきて
ベランダのバラ様たちも 一斉に芽吹いてきました♪

カドフィール

まっ赤な新芽がきれいな ブラザーカドフィール様


アルベルティーヌ

遅咲きのアルベルティーヌ様でさえ、
こんなに葉が展開してきましたよ♪

でも、にぎやかになってきたベランダの端で
1人だけ 芽吹きが遅いバラ様が…

ジェキル
↑ CLICK ↑ 芽は動いてるけど、遅い…

↑ 画像右側の ガートルードジェキル様。


遅咲きでもないのに 
画像左のジェフハミルトン様と比べても
芽吹きが遅いのがわかりますよね?!

(。-`ω´-)あぁ~ アレだわ、きっと。

思い当たる原因があります。

植替えです。

ジェキル様は2年前に
10号杉鉢⇒12号アップル鉢に
鉢増しして、今年で3年目。

鉢増しの1年後には 
鉢底から根が出ていました…

わかっていたんですけど…、そのままゴー!

5月16日ジェキル
↑ CLICK ↑ 昨年 春のジェキル様

鉢増し2年目の去年は 
見事に咲いてくださいましたが
去年出てきたベイサルは細く…

わかっていたんですけど…、
12号の鉢を花台から降ろすのって大変 

きっと、鉢の中は根がパツパツで
息苦しいんだろうなぁ…

今からでも 植替えすべきだろうか?!

しかし、もう4月手前。
この春は諦めて、冬までまって植替えすべき?!


ドーシヨ<(゚Д゚ll)><(ll゚Д゚)>ドーシヨ
(そんなに、うろたえるくらいなら 土替えガンバリなさい!)


で、困ったときの ナーサリー頼み(笑)

状況お伝えする内容に画像を添付して、
いつもお世話になっている
ピーキャットローズ  様に相談メールしてみました。

すると、那須店長から  こんなお返事が♪  (一部抜粋)

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:

芽吹きの件ですが、今日まさにブログの話題にしようと
思っていたところだったのですよ^^

芽吹きの遅さは、おそらく
植替えを行わなかったことが一番大きいと思います。


科学的なことは分かりませんが、
やはり植替えをしないものと、したものでは、
植替えをしたものの方が芽の動きがすばやいです。

遅くても、芽は動いているということですので、
他のバラよりは少し時期は遅くなってしまうかもしれませんが、
春の開花は問題ないですよ。

芽の動きが遅い原因として

① 植替えをしなかった
② 冬の寒さでダメージを受けた(寒さに弱い品種)
③ 剪定時期が遅かった
④ すごく長く伸びていたものを深く剪定した
⑤ 遅咲きの品種
⑥ 食害などで根にダメージがある(気づいていない)


などが考えられます。

土の養分も減り気味かもしれませんので、
活性剤などで他の鉢よりも少しひいき
目にしてあげるといいと思います。

根が鉢にいっぱいだと、
逆に根を伸ばすのにエネルギーを使わないので、
しっかり根が吸える養分を与えてあげれば、
花もたくさんつけてくれますよ。

*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:


②~⑤はあてはまらないので
考えられるのは ①と⑥.

コガネキッズの対策は、
産卵防止不織布を使っていて 
他の鉢では被害は出ていませんが
ちょっと心配 

でも、取り合えず 土壌活性剤の土母(どうも)を
ひいきめにあげて(笑) 様子を見たいと思います♪

迷いがなくなり、
やることが決まったので
気持ちスッキリ!


  午前中しか陽があたらない環境の方必見!
↓ 那須店長のジム薔薇ブログはこちらです!

ピーキャットのバラを育ててみよう!


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



ここからは 多肉のリースが作りたくて です。
↓読んでいただける方は、「続きを読む」からどうぞ♪
PageTop





地植え前に 植え穴から推理する!

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

夜な夜な繰り広げられる 家族UNO大会(爆)
でも、そろそろ 冬休みの宿題をチェックして
お正月気分も終わりにせねば~ (^_^;)

さて、ブログはじめは
実家に帰ったときに行った 
初めてのバラの地植えについて書きます!

現場写真もなく 地味~な話なので、
今日テーブルで咲いた
我が家のバラ様の写真も見てくださいませ♪



実家の庭は、築山(丘のように高くなっているところ)があって
マキやツバキ、ツツジが植え込んである いわゆる 和庭。 
そうそう、田舎の庭にありがちな、柿の木もあります(笑)

そんな庭の一角に、
これまで いくつかプレゼントした鉢バラの中から
1つ地植えにしてほしいと 母に言われたものの

植え場所

指定された場所は こんなところ。

お世辞にも日当たりがよいとは言えない場所で
ブロック塀の上まで 
伸びるようなバラ様じゃないと厳しそう…(^_^;)

実家にある鉢バラで、唯一大きくなるのは
ジェフ・ハミルトン様でしたが
植え替えしてみたら 出るわ出るわ 
コガネキッズ!

(ll゚Д゚)あちゃー

パットオースチン1


母は、「鉢植えより地植えが簡単」
と思っているようでしたが
お庭派の皆様のブログを見ていると

「地植えにすれば元気に育つというものではない」
「調子の悪い株は、掘り上げて鉢で養生させる」

ですよね?!

さんざん、根を食べられて弱っているジェフ様を
この場所に地植えしたら すぐに枯れてしまうのでは?!

と思い、植え穴だけ掘っておいて
バラ苗は、後日、うちのベランダから1株送ることにしました。

パットオースチン2


ところがこの場所、とにかく土が固い><

いかにも水はけが悪そうな粘土質で
カチンコチン…

時々、ジャリっと音がする層もあって
たかだか、10号鉢程度の穴を掘るのに
大きなスコップ片手に 大奮闘!

いやぁ~お庭派の皆様のご苦労が、
よ~くわかりました!!!


柔らかい土ならば、植え穴の側面から 
ボロボロ 土がこぼれてくるのでしょうが

土が固いので、側面が
まるで崖のように切り立ってる~ 

グリーンアイス

よく、バラ本には 掘り上げた土に
堆肥などを混ぜて 埋め戻せと書いてありますが

こんなカチコチの粘土とジャリじゃムリ><

(。-`ω´-)ンー どうしたもんかなぁ~

そうだ!

この植え穴を鉢に見立てて
「鉢植え専用培養土」で植え付けてもらおう!






そう思って、植え穴の横に
←この土を1袋置いてきました。


スリット鉢とはとても相性のよい
ピーキャット培養土。
こんな使い方でもうまくいくかなぁ…



ちょっと心配になって 

バラ苗を実家に送る前に
ピーキャットのうりゃ猫さまに相談してみました。

すると…

 「鉢バラ培養土を使うのはいい方法だけど、水はけはどう? 
   水はけによって ちょっとやり方が変わってくるよw
   あと、できるだけ周りの土を崩して 培養土となじませてね!」


とのアドバイス! 

ありがたや~ ありがたや~
        
   水はけによる違いについては 
   ピーキャット・ローズ のHP 「培養土を使いこなそう」 を見てね♪



植え場所

再度、下手な庭の絵で失礼します。

この穴をほったときの感触では、
絶対に、雨が降ったら 水が溜まる!!!

と思っていました。
でも、先日、父に電話して確認したら

私の推理に反して、本降りの翌日も、
雨はぜんぜん溜まってないとのこと \(◎o◎)/!


すごく水はけが悪そうにみえたのに
地面より高さのある盛り土の場所だったので
実際には 水ハケがよかったんですねぇ~

もし、思い込みで
「水はけが悪い場合の対処」をしていたら
地植えなのに 水切れを起こして
生育不良を起こしていたかもしれません。


フィガロ

たまたま、すぐに植えられる苗がなかったので
穴をほったまま 帰ってきてしまったのですが
結果オーライ ( ´ ▽ ` )ノ

植え場所の水はけがわかって よかったですw

いやぁ~地植えって、難しそうですが
奥が深くて 面白そうですねぇ~(´∀`*)


チャールズレニーマッキント

さて、週末は 仕事はじめに
実家に送るバラ様の 送付準備をしなくっちゃ!!!

その様子は、またブログにて♪ (^_^)/


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています





←初売り特価! 
 昨日、注文しちゃいました

 ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

 2箱・送料込みで
 ポイント2倍中ですよ~♪


PageTop





お嫁に行く ルイーズ オディエ @アネーとオークション

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

今日は 実家に地植えするバラの話の続きです。

実家にお嫁入りを決めたのは
ルイーズオディエ様

ルイーズ 全身

オールドらしく オディエ

これは3年前の春の写真ですが
日陰でも 青みの強いピンクの花を
早春から たくさん咲かせるバラ様です。

オディエ4

これは2年前の2番花♪

「弱剪定で管理するオールドローズ」


に分類されていて、
ずっと、枝を大事に伸ばしながら
8年間、育ててきました。

去年もたくさんの花をつけたのですが
一番花の蕾が色づいたころに、
爆弾低気圧のナイフのような風で
蕾はおろか、葉っぱもズタズタに…

風を避けられなかったのは
置き場所もありますが、
自然樹形が美しいため、
長く伸びた枝を留めていなかったからです。

そこで、泣く泣く伸びていた枝を
3分の1程度にカットしました。

「強く剪定すると咲かないことがある」

と聞いていましたが、このあと
2番花がたくさん咲きました♪ (っ´∀`c)ヨカッタ♪

ルイーズ

そして、これが一昨日のオディエ様の様子。

この方、ちょっとしたエピソードがあって…

蕾つきの5号鉢でお迎えした 小さなオディエ様。
到着3日後に どんどん葉が落ちだして…

おかしいなと思って鉢から抜いてみたら
なんと コガネキッズが16匹!

┣¨━━━━(´゚Д゚`)━━━━ン

これが 私とコガネキッズの初めての出会いでした。

※誤解があるといけないので書いておきますが
 このショップ様の名前は一度もブログに出していません。


いやぁ~よく復活して
ここまで大きくなったもんだ

 ( ´Д`) -Д-)シミジミ

ルイーズ2

スミマセン、昔話が長くなりました!

まず、葉っぱをとって、
枯れたシュートを根元から1本バッサリ。
小枝や、内向きの枝をカット。

まだ、枝が交差している所がありますが
お庭に植えて広げてもらえば
大丈夫かな♪♪

根1

少し前に バラ友さまに
「植え替えの目安」について聞かれたのですが
このオディエ様は 前回の植え替えから丸3年たっています。

地上部の元気な様子からは 
もう1年くらい このままでもいいかなぁ~と思いますが
コガネ産卵防止シートにも 
根がビッシリ張り付いていますし

根2

鉢の外側に「根ざぶとん」ができています(笑)

排水・通気を確保するために
この杉鉢では 底がメッシュになっていて
鉢底が床から2センチほど浮き上がるように
なっているのですが

そのメッシュの外側に ギッシリ根が出てきていて
丸い座布団みたいになってるんです。

こうなっていたら、
植え替えてあげるほうがいいかも~ ∑d(-∀-*)

この根座布団は、全部カットです。

根3

鉢を傾けて 表面の土をザザっと出しました。
ここまでは簡単です。

問題は いつもココから!

杉鉢は、通気性がよく 見た目も気に入っているので
10号以上のバラ様は ほとんど杉鉢。

でも、根張りが良いバラ様では
根が 鉢の側面に張り付いてしまい
株を引っこ抜くのが 一苦労なのですwwww

そこで、必殺兵器 登場!

パン切りナイフ

100均で買った パン切りナイフ!

根4

根を切りながら 鉢と根鉢をはがしていきます。

おぅ! これはいい感じ! (`・∀・´)イイ!!

欲を言えば もう少し長いと助かるのですが
なんせ100円ですからね♪ グッジョブ!

根5

土を適度に落として 根玉の状態にしました。
白根がいっぱい!!!

どこにお嫁に出しても 
恥ずかしくないべ。

( ´Д`) -Д-)ンダンダ



しかし、お嫁というより…



前回の記事でご紹介した、

日当たり悪くて
カチコチの土の場所に 
植えられるかと思うと

よそへ奉公に出す気持ちです o(TヘTo)

根6

奉公先のご主人様は えぇ人だから
心配いらないっぺ。

少し 日当たりが悪いだども
土が硬ぇぇとか文句言わずに
がんばって しっかり咲いてケレ


かわいがって もらうんだど~

夏には、様子見にいぐがらのゥ 


(T ^ T)ビェーン


いつかこんな日が来るかもと、

ピーキャット様から苗を買ったときの
大きなダンボール箱(170サイズ)を
捨てずにとっておいたのですが~


箱1

おしん! オディエェェェ、態度がデカイっぺ!

あぁ~バラショップ様も、こうやって
元気に育った苗を箱に収めるのに
枝を切るか、曲げるか…苦労されているのねぇ~

箱2

少し、切り戻したり、ぐいっと曲げたりして
なんとか箱に収まりました。

実家の鉢バラ様たちの調子が悪いのは
マルチングをしていないせいじゃないかと思ったので
クリプトモス も一緒に入れました。

あとは、ちゃんと根づいてくれるように祈るのみです

オディエアップ

 このバラ様をお迎えしてみたい…と思われた方は↓どうぞこちらから♪
                      ルイーズオディエ Louise Odier



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



ここからは、アネーとオークション です。
読んでいただける方は「続きを読む」からどうぞ♪
PageTop





なんじゃ、この根の生え方は?!(@_@;) @レビューでポイント10倍の落とし穴

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

昨日は とても暖かかったので
がんばって、10号・10号・12号の3鉢
土替えをしました♪

たった3鉢ごときで
「がんばって」なんて書くと
皆様に笑われそうですが

狭いベランダには 
お庭とは違う苦労がありまして(^_^;)

10号以上の鉢は 
花台から下ろすのにも気合いがいりますが
スペース難のため、鉢を倒すのも大変。

そして、最大限 こっちは気を使っているのに
まわりのバラ様たちに ちょっかいかけられながら
古土を かに歩きで左から右へ…

ま、2月末までに終わればOKだから
マイペースで~ヾ(●^▽^●)ノわはは♪


それにしても、昨日は 
変な根っこを見てしまいました。


1

この日のミッションは 
ジェフ様とチャールズ様の鉢をチェンジすること。

今年でお迎えして9年目になるジェフ・ハミルトン様。
毎年、立派なベイサルをあげてくださるので
ここ数年、つる仕立てにして
アーチの一端をになってもらっていました。

でも、2年ほど前から 花に勢いがなくなってきたので
今年は 思い切って「若返り施術」(サイズダウン)
してみようと思います。


一方、チャールズ・レニーマッキントッシュ様は
とても繰り返し咲き性が強く、
株もしっかりしてきたので 
大きな鉢に植え替えて さらに株を充実させたい! 

という、もくろみです ( ̄∀ ̄)ウシシ


2

まずは、15リットルプラ鉢の チャールズ様から。

いやぁ~やっぱし、プラ鉢は楽!
スッポリ抜けました♪♪

なかなかいい感じ~♪ 
に見えるでしょ?!



ぜんぜん違ったんです (>_<)


表面の土を崩してみてビックリ!!!

鉢の上 3分の2に
ぜんぜん根がない!!!



説明しよう! d( ・д・´*)!!  ←ヤッターマン風で


鉢の断面図を 絵に書いてみると こんな感じ。

イメージ図

鉢の中に 根座布団ができてるよ~ ( ;∀;)


図では 黒で書いていますが
細根は白くて いい感じでした。

でも生え方が問題。

これでは、いくら良い土を使っても
ちっとも 有効利用されてないという 
悲しい状態…
。・゚・(*/□\*)・゚・。

よくこんな状態で
あんなに咲いてくださってましたねぇ~

チャールズ4
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

この株は、2年前に 輸入裸苗でお迎えし
自分で植え付けたものです。

注ぎ口のすぐ下まで 鉢の中に収めなくちゃ!!!
と、必死で鉢に押し込んだ記憶が…。

どの苗も、一律に接ぎ口の下まで埋める
というのではダメなんですねぇ><


このまっすぐな 棒のような台木。
前にルージュ・ピエールドロンサール様でも
見たことがありますが、

もう、この棒の部分から
根が生えることはないと思います。


地植えならば、
さほど気にならない長さの軸だと思いますが
深さ30センチほどの鉢では、致命的!


そこで、立派な棒軸の部分を 
地上部に出すことにしました♪


3

これ以上出すと、安定が悪そうだったので
このぐらいで (^_^;) アセアセ

チャールズ様、
これで、ぐ~んと根を
伸ばしやすくなりましたよ~♪

4_20130108154544.jpg

チャールズ様、
なんだか、あし長ハンサムになりましてよ♪

株元すっきり♪ 
もう少ししたら 色とりどりパンジーズを
お連れいたしますからねぇ~

ヾ(●^▽^●)ノわはは♪


して、次回は… 画像、右下に見える 
爪楊枝のようなピックのお話です(ノД`)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



ここからは レビューでポイント10倍の落とし穴 です。
興味がある方は、「続きを読む」からどうぞ♪
PageTop





ハァ・・(ノω=;) 油断大敵…もやし根のジェフ・ハミルトン 

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

子供たちの冬休みも終わり、
調子にのって更新しているメアリーです(爆)

さて、今日は、前々回の記事の続きです。

鉢からぬいて見てわかった、

1

ちょっと訳ありなお2人…

お2人の鉢を交換するために
チャールズ様に続いて
ジェフ・ハミルトン様を抜きました。

ジェフ様は12号ですからね、

花台から下ろすのには
気合いだけじゃなくて 
腰を傷めないように確かな注意が必要です (。+・`ω・´)キリッ☆


ジュフ1

まず、花台の上で できるだけ土を掻き出します。

それから、ちょっと工夫して鉢を上げていきます。

うちの花台は、
深さ20センチ、幅33センチほどの
溝のような作りなんですが、

立って腰を伸ばしたまま、
この20センチを持ち上げるのが
とっても 難しいんです。

そこで、私はこんな風にしています。


鉢をあげる方法



花台の淵まであがれば コッチのもの!
鉢を抱っこして 床におろします。


地上部が大きく育っているジェフ様。

さぞかし モジャモジャの根ざぶとんが
できているかと思いきや

ジェフ2

鉢底は きれいなもんでした。

最初から空いてる 中央の穴のほかに
ドリルで4つ 小さな穴をあけているのですが
メッシュじゃないから 根が出てないのかなぁ?

鉢から株を引き抜くときも
案外簡単に出せました。   ←嫌な予感

ジェフ3
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

根鉢を崩していくと   

細長~い、もやしのような
真っ白でツルンとした根


が出てきました。 


(。-`ω´-)ンー これって…


そう、これは100% \(^o^)/ な状態ではありません。


いい状態の株では
糸のように細い白根が
鉢いっぱいに広がっています。


この細もやしのようなツルンとした根は
コガネキッズに根を食べられたあとに
再生してきた根だと思うんです。



うぅぅ、きっとそうに違いない…


………ヾ(-公- ;)




イヤ~な確信を持って、


さらに土を崩していくと





コガネキッズ
 

キィィィ!!ヽ(≧皿≦)ノ キィィィ!! 
寝てないで 起きなさぁ~い!!!!

整列させて 点呼とったら1、2、3…17匹!


プラアミマルチで防除していたはずなのに
切れ目が開いていたんでしょうか。

突破されていたとは~ ショック大 orz


ピック

鉢を交換してチャールズ様を植え付けたあと、
コガネ産卵防止のプラアミマルチの
切れ目が開かないように、
自動潅水機のピックで しっかり差しておきましたw


追肥するときには 表面の土を少しホジホジして
スカスカした感じになっていないか
いつも確認しながら作業するのですが、

この株では、古い細根がビッシリ
鉢の表面を覆っていて、
フタをしたようになっていたので
気がつかなかったんですねぇ~



 鉢表面の古根は 
 ゴッソリ はぎ取り
 コガネキッズを全員追い出すために
 シャワーで きれいに根の土を
 落としました

 そして植えつけは
 ピーキャット培養土の古土に
地植え用培養土
 自分でブレンドした土で、植え付け!

 地植え用培養土は、
 そのまま使うのではなく
 掘り上げた痩せた庭土と
 混ぜて使うことを前提に
 配合されているので
 ピーキャット培養土の
 リサイクルにも使えます!





ジェフ4

ま、頼んだわけではありませんが
コガネキッズが 
根を食べてくれていたおかげで
根っこは 先行して若返りしていたので
良しとしましょうか 

ヾ(●^▽^●)ノ結果オーライ♪

これで、ブッシュに仕立て直した地上部も
パワーアップしてくれたらいいなぁ~♪

ジェフハミルトン

花びらギューギューのジェフ様に
もう一度 会えますように


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆

寒い日は、剪定の予習~♪ いつ読んでも、発見がある本って素晴らしい! o(^▽^)o


   
   

◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆◆ study ◆◆◆

PageTop





私に話しかけてきた シャンテロゼミサト

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪


バラの咲く季節には 
花の美しさに目を奪われて
ラリホー状態のメアリー
(浮かれてバラ様の声なんか聞いちゃいない…)

花も葉もない この季節こそ、
バラ様と 真摯に向き合い
ちゃんと声を聞けるチャンスです。

土の感触や、根の様子を見て

「あぁ… そうだったのねぇ><」

と、バラ様が去年1年間、
私に訴え続けていたことが
はじめて分かることも多いです。


昨日、セーターのみで作業できるほど暖かかったので、
気合いを入れて、葉っぱむしりと
植え替え作業を頑張りました。

すると…

「あのぉ………」


声にならない 気配?! というか
視線を感じたんです (。+・`ω・´)キリ


みると、そこにいらしたのは
去年、あまり咲いてくださらなかった
シャンテロゼミサト様。

↓バラの家さまから アフィリエイト画像お借りw


メアリーのところのミサト様は
昨年、追肥のときに 親指の先ほどの 
小さな癌腫がみつかったバラ様です。

見つけた小芋のような癌腫は
すぐに ポキっと取り除きましたが

今年は土替えはせずに
そのまま そっとしておこうと思っていました。

ミサト1

でも、なんだか訴えかけるものがあって…

花台から降ろして
マルチングを全部はがしてみたら
元気な芽が たくさん

癌腫持ちなのに  
がんばって芽を伸ばそうとしてる…

ミサト様はがんばってるんだ (´;Д;`)


その様子を見たら、ほうっておけなくて。
 
よし! ほかにも癌腫があるなら 
ダメもとで切除して 
土も新しいものに替えてあげよう!
 (p`・_・´q) 


前回、癌腫を見つけたときは
土の上から スプーンがゴツっとあたって
発見したものをとっただけ。

根の全容は確認していません。
株を鉢から出してみることにしました。


ミサト2
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

うわぁぁぁぁ! 

私の予想に反して、
根鉢の側面が真っ白に見えるほど
細根がしっかり分岐してるではありませんか?!

ロールケーキを切るように
根鉢の底を 1センチほど切り落としてみると…

ミサト3

↑これ、根鉢の真下から撮ったものですww

鉢の中心まで ギッシリ根が張っていて
まるで スリット鉢のPR写真のようです (^_^;)


あれれぇ…( ´・д・)ン? 癌腫はどこへ?!

もしかしたら、私が癌腫だと思って切り取ったのは
正常なカルス(枝の切り口にできる 細胞のかたまり)
だったのかもしれません(大汗)

ミサト1

見てみて!  わたし、元気よ!!byミサト

ミサト様は、一生懸命 訴えていたんですねぇ~

いや、もしかしたら…


うりゃぁ! 誰が癌腫じゃ! ボケ!!
ヽ(`Д´)ノ狭苦しいっちゅうんじゃ~!
 byミサト

と、ガンとばしてらっしゃったのかも…アハハ(^_^;)


本来、鉢増ししてあげたいところですが
新しい鉢を用意していなかったので

少し、根を整理して 
元のスリット鉢に新しい土で植え直してあげました。

ミサト4



スリット鉢の土留めには マルチングで
古くなった クリプトモス を使って
みました♪

今まで、もったいなくて
土留めに使ったことなかったんですが、
毎年、20リットルづつ買い足して
ほぼ、全部の鉢にクリプトモスで
マルチングすることができるように
なりましたからね♪

 

私、バラにすべてを捧げている人のように
思われていることがあるんですが
そんなことないですよ~

だって家計を預かる
ただの主婦ですから! (・∀・)


土替えも、マルチング資材も、
毎年 セールを狙って決まった量だけ購入。
優先順位の高い(←ケア必須と思われるバラ)
バラ様から対応して 資材がなくなったら終わり!


バラ様のためにも、自分のためにも

細~く愛して、長~く愛して  

ですね!  (・∀・)アハ


だから勘違いも許して~ミサト様!!!
これからも あなたのこと大事にしま~す!



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


PageTop





【前編】 4年目の振り返り ガートルードジェキル @アートアクアリウム

今日もメアリーのベランダにお越しくだって
ありがとうございます ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

年度末にきて、またPTAの仕事が
一段と忙しくなってきました (^_^;)

書きたいことは 山ほどあるのですが
少しづつでも 忘れないように
書き残していきたいと思います。


今日は、前回の植え替えから丸3年たった
ガートルードジェキル様の植え替えについて。

ガートルードジェキル3

ガートルードジェキル様は ERの中でも
ひときわ大人っぽく、香りたつバラ様です。

この薔薇さまに出会って「強香」の基準が変わった
という方も 少なくないと思います。

そして、私にとっては  
「マルチングの重要性」について気づかせてくれた
女神のようなバラ様 です。

3年前のジェキル様の植え替え記事で、
うりゃ猫さまに突っ込まれてなかったら
ジェキル様も、他のバラ様も、
こんなに元気に育っていなかったと思います。




まず、この3年間をダイジェストで振り返り~



3年前…
10号杉鉢から株を抜くのに
あまりに苦労したため

鉢底がスッポリぬける
アップル果樹鉢12号に
植え替え。








土は メアリーお気に入りの
ピーキャットフラワーの土を使用。




最初、
馬糞堆肥でマルチング
していたんですが、

思い直して すぐに
マルチング材を植物性の
クリプトモスに変更。




そして、

2010年春 植え替えてすぐ 1度目の春です。
ジェキル 全体10日
↑click on ↑

今思うと、ちょっと小ぶりですがたくさん咲いてくださいました。
確か、このとき メインシュートは2本くらいしかなくて
この写真は そのうちの1本分です。


そして、まったく土替えせずに迎えた 

2011年 植え替えてから2度目の春です。

ジェキル
↑↑ CLICK ON ↑↑

土替えしなくても 花の勢いはあがってますよね?!

狭い場所で育てているので
毎年、ベイサルシュートが出た数だけ 
古枝を根元から切り落とすのですが
主枝は4本?! くらいありそうですね。


そして、鉢の表面の土だけ
3cm~4cmほどかき出し
新しいピーキャットの土と堆肥を足して迎えた

2012年の春 植え替えから3度目の春

ジェキル10
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

この写真では 前年との違いがわかりにくいですが、
枝の数も増えて さらに株がパワーアップ!

きれいな写真ではありませんが、
株の勢いは、誘引途中のこちらの写真を見ていただくほうが
わかるでしょうか?!

ジェキル1 



 何が言いたいかというと
←私の愛読書に書かれている

「植え替えは毎年やる必要なし」は、

やっぱり本当だった! ということです。

ヾ(●^▽^●)ノ♪



毎年、根をいじられるのは
バラ様にとってもストレス…
ロザリアンにとってもストレス…

良い土に植えて、
しっかり根が張れるように
マルチングで保護してあげれば

3年は土を変えなくても
バラ様は元気に いい仕事してくれるようです♪


(。-`ω´-)ンーで、
4年目を迎える 今年はどうするか…




愛読書には
根詰まりの兆候が見えてから
植え替えても遅くない…

と書いてありますが
もし、この春に根詰まりの兆候が見えたら…



あぁぁ!!! バカバカヾ(≧Д≦)ノ))
なんであの時植え替えなかったのワタシwww 

と、激しく後悔すること間違いなし。

しかしねぇ~

大きく育った地上部は 大きいだけじゃなくて

棘

主茎から 小枝まで 不規則に並んだ
大中小の棘、棘、トゲ… (^_^;) ヒルム~

この続きは また明日♪


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています




ここからは アートアクアリウム です♪
興味がある方は「続きを読む」からどうぞ♪
PageTop





【後編】 鉢の大きさと 部分土入れ替え ガートルードジェキル

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

今日は前回の 植え替え記事の続きです。

今年、お迎えして7年目を迎える
香りの女王 ガートルードジェキル樣。

ガートルードジェキル2
↑↑↑ CLICK ↑↑↑


2006年2月にお迎えして

●2006年9月に10号杉鉢に鉢増し。
●2010年1月に12号果樹鉢に鉢増し。


鉢から株を抜いたのは この2回だけ。

他の大型シュラブ、つる薔薇樣も
似たような感じのお世話です (^_^;)


ここで、土替えの様子を書く前に
鉢の大きさについて よく聞かれるので
ちょっと書いておきたいと思います。

これは あくまで
ベランダでバラ樣を育てるなら
という前提ですが

12号で充分♪

1号=3cmなので 12号というのは
外径36cmくらいの鉢ということになります。

この外径というのがクセモノですね~



昨日 ご紹介したアップルの果樹鉢は
外径は36cmくらいあるのですが
内径31cm高さ32cm、14リットル。
    訂正: 高さ36cm、20リットル



バラ樣が地中で「八の字状」に
根を張ることを考えると
縦横同じくらいの寸胴鉢が
一番居心地いいんじゃないかなぁ~
と思って 鉢を選んでいます。



大型のシュラブや、つるバラ樣が
のびのびと育つには
12号の鉢は決して充分とはいえないと思います。

でも、いろんな大型のバラ樣を
ベランダでお育てしてきて

私が大満足と思える花付きを
維持するには12号がちょうどいい♪


と、思えるようになってきました。

ちなみに、

マルガリータ8

クラウンプリンセスマルガリータ樣と

アッシュウェンズディ8
↑↑↑ CLICK ↑↑↑

アッシュウェンズディ樣のお部屋は



上部の1片が33cm(号数だと11号?!)
容量20リットルの ロゼアスクエア。

うちの場合、こちらはウォータースペースを
かなり深くとっているので
ギリギリまで土を入れているアップル果樹鉢と
土の量は ほとんど変わらないと思います♪




バラ樣たちは 狭い~ と、
おっしゃっているかもしれませんが

これ以上大きくすると
お世話する自信がありませんし

スミマセン  これでガマンしてくださいませ!


と、謝りながら 部分土入れ替えですw

シフォンカット

まず、鉢上部の土を掻き出します。
(しんどい時は ここまで)


そして、シフォンケーキをカットするように
鉢底まで 三角形にナイフを入れ
根ごと土を取り出します。

ま、実際には スッポンとはとれないので
カットした根と一緒に
土を ホジホジ掻き出す感じです♪



バラ樣をいじめてるんじゃないのよ!
根の伸びしろを作ってあげてるのよぉ~!ヾ(≧Д≦)ノ


そう念じていても、毎度、
このブチブチ~ッと根が切れる感触は苦手です~




さて、この穴に、
堆肥や新しい土を入れてあげるのですが
今回は「地植え用培養土」を使いました。

この土は、お庭で掘り上げた
痩せた土と混ぜて使うことを前提に
堆肥の比率が多くなっている土です♪




ヾ(●^▽^●)ノやったぁ! 終わったぁ♪

ジェキル樣の土替えが……

せっかく、底が抜ける 
アップル果樹鉢に植えたのに
今年も、その実力を
確かめることができませんでした (^_^;)アハハ


さて、去年何もしてあげてない 
他の大バラ樣たちも 
同じようにやってあげなくっちゃね!

まだまだ、ぼちぼち植え替え続きます~


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


PageTop





落とすか、残すか?! @バラに飽き足らず…

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

メアリーが住む地域では 
朝、7:30から 
「はじめ人間 ギャートルズ」
が再放送されています。

 あれは名作ですね!

何度みても面白い!

小さい頃は、
ただ面白くて見ていましたが

今みると、
息子のゴンを なんとか一人前の男にしようと
厳しくも優しく叱咤激励する父ちゃん、
どんな時でも優しく受けいれる母ちゃんに
感動し、勇気づけられます。

ヤングリシダス


さて、昨日は PTAの仕事の合間に
今まで植え替えで出た古土のリサイクルをしました♪

トレー



↑今年買ったグッズで、
一番役にたっているトレー
パンジーの底面吸水で
大活躍していましたが
古土を干すのにも大活躍!!!




本当は、夏の太陽でガンガンに干したほうが
きちんと消毒できていいのでしょうが

水分は飛んでいるし

元気に育っていたバラ様の土なので
悪い菌はいないだろう♪ 

ということで(甘い?!)
今年の植え替え用土として
すぐにリサイクルして使うことにしました。

ヤングリシダス2

赤玉の培養土は、年月とともに
赤玉が潰れて 土が固くしまり
水はけが悪くなります。


安い園芸用の培養土を買うと
1年後に鉢から出したときには
グダグダに土が潰れて 
粒の形が残ってないことも!

だから、毎年植え替えたくない人には
「硬質赤玉」が人気なんだと思いますが
いくら硬質でも 少しは潰れる…

なので、メアリーは
古土を再利用するときには
いつも ふるいにかけて 
潰れた赤玉の粉を取り除くようにしています。

(アスカマンで植物繊維とともに
 堆肥化するときは ふるいにかけずそのまま使います♪)

ただ…

土をふるいにかける作業は
大好きなメアリーですが、

今までずっと 気がかりだったことが…

ふるい1


うちにある園芸用のふるいで 
一番目が細かいやつは 網目が2ミリ角。


ふるい2

1~2ミリサイズの赤玉は 
ふるいの下におちてしまいます。(画像一番右)

↑この写真だと 一番右は粉みたいに見えますが
小さなツブツブでいい感じなんですよ
触るとザラっとした感触の大きさです。

今まで、ふるいで落ちた 一番右の土は
マンションの古土回収に出していたのですが

なんだか一番いい所を
捨ててる気が… (  ̄~ ̄;)ウーン…


1~2ミリサイズの赤玉って
「赤玉 細粒」という名前で売られている大きさです。

それに、ふるいの上に残った赤玉のサイズだと
私がお気に入りのピーキャット培養土より
ずいぶん目の粗い土になってしまうのです。

(。-`ω´-)ンー なんかチガウ気が…

で、とうとう…

ふるい2

製菓用のふるいを使ってしまいました! (*≧∀≦*)


ふるい3

ふるいから落ちた 微粉は
まるで、ココアパウダーのよう♪♪
ふんわり、なめらか~

でも、バレンタインには使えませんよ!(。+・`ω・´)b



しかし、さすが硬質赤玉を使った
ピーキャット培養土の古土。

ふるいから落ちる 崩れた粉は、
ほんのちょっと!
古土の1割もないくらい。

注)私はピーキャットローズ様の
  回し者ではありませんよ!


でも、こんなにちょっとなら
フルイにかけなくても良かったかも?! (^_^;)?



このフルイにかけた古土に、
地植え用培養土を混ぜます。

以前は、色いろ資材を購入して
自分なりにミックスしたり
していましたが、
20リットル単位の資材を
いくつもいくつもベランダに
置いておくのは大変!

なので、
こういう培養土があると
とても助かります♪


どのくらいの割合で混ぜるか
迷ったのですが
地植え用培養土1:古土2の
割合でミックスしてみました♪♪

土の状態に応じて、
地植え用培養土1に対して、
古土1~4ぐらいで
調節して使うと良いそうです。

詳しくは
ピーキャットローズHPへ!

この土で、ヤングリシダス様を植え替えして
昨日の作業は終わりです!





ヤングリシダス3

ヤングリシダス4

春には また
ヤングリシダス様の香りに 会えるでしょうか~


◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆

園芸用土のイワモト ポイント10倍中!
2月4日1:59まで 


ところで、ピーキャット培養土、
スペシャル版じゃなくて
通常版のほうも ニームカランジャとか入れて
さらに配合パワーアップしたらしいですね?!

あぁ~ん! 使ってみたいけど
今シーズン分は もう買っちゃったよ~ん><
ポイントも10倍だなんて反則だぁ~!!!

来年までお値段すえ置きで
お願いしま~す!



◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆◆ news ◆◆◆


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



ここからは バラに飽き足らず…です。
読んでいただける方は「続きを読む」をご覧ください♪
PageTop





裸苗の植え付け

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

昨日、やっと最後の大物の植え替えを終わり
すべての株に メネデール100倍液をあげました♪
春の施肥をスタートする前に、
根の動きが 活発になることを期待して♪♪ (*´∀`*)


さて、今日は、
ロイヤルジュビリー様の裸苗のその後です。


少し、前に戻りますが
ロイヤルジュビリー様の
ご到着を待つ間、

剪定の季節ということもあって
↓こちらの本を何度も読んでいました。



本のタイトルのとおり
まるごと一冊、剪定の本!

著者の河合伸志先生が
どのように考えて
その剪定をされているのかが、
豊富な実例とともに
紹介されているので

大変、納得度が高く
応用の効くノウハウ本だなぁ~
と思いました。



で、本の最後のほうに
大苗の植え付けについても
簡単に書かれていたのですが

「大苗の場合、根を切らず
 巻き込むように全部 鉢に収めること」


と書いてあったのです。

(; ̄Д ̄)なんですと…


これまで、大苗を植え付けるときには
長い根はカットして植えつける…
と思っていたメアリー。

この1行が、気になって、気になって。



「剪定講座」なのに 剪定じゃない部分
質問するのもねぇ…

河合先生も きっと超多忙だろうしねぇ…

(*´・д・)(・д・`*)ネー



でも、このままスッキリしないうちに
ロイヤルジュビリー様がご到着になったら
絶対に悩むよね!

(*≧д≦)(≧д≦*)ネー


とうとうガマンできなくて
ペレニアルのHPから ダメモトで
河合先生に質問メールを送ってみました。

  そしたら、とても丁寧な
 お返事をいただいて感激!! (*≧∀≦*)




「切っても大丈夫」と
「あえて切る」の違い。

 
ブログでの紹介も快諾してくださったので
お返事メールを 皆様にもご紹介しますね♪
興味のある方は「続きを読む」をご覧ください!



さて、河合先生のアドバイスをうけて
今回は 根を切らずに植え付けることにしました。

DA3.jpg

↑この 硬いごぼう根を
根を切らずに8号に植え付けるなんて
できるかなぁ~?!

と思っていましたが

ロイヤル1

できる、できる、
と思ってやったら

案外、うまく収まりました♪

ロイヤル2


ピーキャット鉢バラ培養土スペシャル版
を使って植え付け完了です!

DA社推奨の植え付けどおり、
接ぎ口部分の高さまで
培養土を入れました♪


そうそう、スペシャル版の培養土は 
ものすごく 水の浸透が早かったですよw

ウォータースペースに水がたまることなく
す~っと 水が染み込んでいきました!

ロイヤルジュビリー
ブログ *Arpegeの花日記 よりお借りしました♪ 
  (泉南でプレオープンしている デビッド・オースチンの
   イングリッシュガーデンで *Coo様が撮影されたものです。)

あぁ~早く こんなお花が見たいですぅ~


ちなみに、昨秋発表されたばかりで
日本での栽培データが ほとんどないロイヤルジュビリー様。

注文前に どんなバラ様なのか、DA社にうかがってみましたよ♪

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:

1) ロイヤル・ジュビリーの樹形は 
   どういった樹形でしょうか?
   鉢栽培でも可能でしょうか?


   ロイヤル・ジュビリーの樹形は、
   シュラブ樹形ですが、鉢栽培も可能です。
   地植えしていただくと、
   小型のつるバラ程度には伸ばすこともできます。 by DA社



2) ロイヤル・ジュビリーの花持ちはどうでしょうか? 
   ジュビリーセレブレーションは
   ERの中では花持ちがよいと感じていますが、
   ロイヤル・ジュビリーも 花持ちよいほうでしょうか?

 
   花持ちはいい方です。by DA社


*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:


 このバラ様のこともっと知りたいなぁ…と思われた方は↓こちらから♪
ロイヤルジュビリー Royaljubilee




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



ここからは 河合伸志先生からの 回答メールです♪
興味のある方は「続きを読む」からお願いします。
PageTop