ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

真っ白でコロンコロン♪ グラミスキャッスル♪

今日もメアリーのベランダ⇒一時避難先の中庭へ
お越しくださってありがとうございます♪ 
ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪


今日ご紹介するのは
マシュマロみたいに白くてコロン、コロンの

グラミス1

グラミスキャッスル様 

毎年、今年こそは! と思っていても

その透き通るような白さを妬んで
白い悪魔がとりついてしまいます…(T▽T)

それでも、悪魔に負けずに
健気に咲いてくださるグラミス様。

グラミス

ちなみに、悪魔にとりつかれる前の株姿は
こんな感じで、直立性でコンパクト。
細い枝にもよく花をつけてくださいます。

うどん粉さえでなければ ><

ローズポナンパドゥール

スーパー強い、ポンパドゥール様の遺伝子を
すべてのバラ様に 組み込んでほしい…


そんなことを考えていた時、
無農薬栽培でがんばっている
複数のお友達から 
Dr.真島の無農薬・有機栽培法
を勧められました。



この本が発刊された当時、
お友達からプレゼントしてもらって
興味津津で読んだのですが

真島先生は、

納豆菌入りの有機液肥

菌の黒汁

毎日のように冠水・散布
されるそうで、

農薬は一切使わずに
うどん粉病、黒星病を
押さえ込んで、

香ぐわしいお庭を
実現されているとか…



先生のローズガーデンは
それはそれは本当に素晴らしくてヽ(*´∀`)ノ

思わず、病気になってうかがいたい
と思ってしまうほど。

(本業はお医者様! 待合室が
夢のようなコンサバトリーなんですわ!)





でも、正直、お水がわりに毎日、
納豆菌入りの有機液肥 と
菌の黒汁 を使うなんて
庶民には無理だわぁ!!!
と諦めておりました。


ところが、数人のお友達の情報によると
週1回とか、2週間に1回とかでも
かなり、いい感じで咲かせておられるのです!

そこで、私も
「有機100%液肥」を取り寄せて
試してみることにしました\(^o^)/


菌の黒汁は、土母(どうも)で代用♪

グラミス2

秋のベランダには うどん粉は出ませんが
来春こそ、来春こそぉ~!!!


 このバラ様をお迎えしてみたい…と思われた方は、どうぞ↓こちらから♪
グラミスキャッスル Glamis Castle



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 

   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


関連記事

PageTop





 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

メアリーさんこんにちは♪
ふふふ、イギリス産まれのグラミスキャッスル様が
納豆を召し上がるという感じを想像してしまいました(笑)
バラを綺麗に咲かせる秘訣って、目に見えない菌の力なんですねぇ・・・
↓アッシュウエンズデイ様も相変わらずお美しい!
今年は私のアッシュちゃんも少し蕾がついてお花が見れそうですが、相変わらず株は小さいんです・・・栄養不足なのかな。

ゆー2010 | URL | 2015/05/30 (Sat) 05:39 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/05/30 (Sat) 07:13 [編集]


無農薬

こんにちわぁ(❤◠∀◠)
無農薬栽培に限界を感じてるこの頃です。
働いてないときはマメに木酢(にんにくや唐辛子をつけたもの)をまいたりしていたのですが
働き出してすっかりできなくなり、汚くなる一方(T_T)
今はお庭をリセットしたくて仕方ないです。
Dr.真島の薔薇の診察室なら愛読しております。
新しい本が出てたの知りませんでしたわ。
最近薔薇の本もそんなに読んでないし、この本かって刺激をうけようかしら。
メアリー様のブログを見ることでまたがんばろうと思えます。
ありがとう!!

颯歌♪ | URL | 2015/05/30 (Sat) 18:22 [編集]


v-254 ゆー2010様 ようこそ♪

>イギリス産まれのグラミスキャッスル様が
>納豆を召し上がるという感じを想像してしまいました(笑)

(≧∇≦*)ノ ゆー様の発想おもしろ~い!

納豆、グラミス様のお口にあうでしょうか?
ゆー様のダーリンは お食べになったことありますか?

ゆー様のところのアッシュ様、
まだ、若かったですよね?
2年目くらいでしたっけ?

うちのアッシュ様も、3年目を越えるあたりから
つるバラの本領を発揮しだしたんですよw
これからですよ! これから!!

メアリー | URL | 2015/05/30 (Sat) 18:36 [編集]


v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

コメントありがとうございました!
ブログのほうへお邪魔しますね~♪

メアリー | URL | 2015/05/30 (Sat) 18:37 [編集]


v-254 颯歌様 ようこそ♪

「完全オーガニックバラ栽培」
発刊後すぐに、お友達から
「買ってみたけど私には縁のない本だったので」と
プレゼントしてくださったのですが
見ているだけでも ウットリ~ヽ(*´∀`)ノな本ですよ♪

カメラマンではなく、
先生が撮りためたお写真ということで
育てている方の視線を感じるお写真なんです。

で、肝心の液肥と黒汁の散布実験について
詳しく書かれているのですが

実践しているお友達のバラ庭を見せてもらって
これはやるしかない! と思ったのですわ!!
読者の方からも「いいよ、真島式」って
聞いていたのですが、

試供品のハッパ乳剤もちょうど底がつきたので
もう少しして、バラ様たちがベランダに帰ってきたら
真島式スタート! と思っています。

颯歌様のリセットしたいお気持ち、よ~くわかります。
だって…  中庭のバラ様たちは、
絶賛、はだか祭り中なんですから (T▽T)

メアリー | URL | 2015/05/30 (Sat) 18:46 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/05/31 (Sun) 02:27 [編集]


v-83 鍵コメ様 ようこそ♪

> 私、この本が出てからずっとこの納豆菌液肥と菌の黒汁愛用者です。
> 土への水やりの時は週に一度、それもけちって規定より薄くしておりますが(笑)
>育成が良くなって効果アリです。
> 昨年はシュートがバンバン出ましたよ!
> 葉への散布は100倍程度を週に1~2度。
> うどん粉に弱いバラは少しサボると病気は出てしまいますが、
>でもその後ちゃんと散布を続けたら病気が広がらないのでとても助かっています。
> おかげでうどん粉被害が劇的に減りました。

やっぱり!!! お友達も同じことを言ってました!
「それもけちって規定より薄く」
これも同んなじ~!!!

俄然、やる気が沸いてきましたv-41
貴重なレポートありがとうございます♪

私も来春には、使用レポートアップできるように
がんばります!!!\(^o^)/

メアリー | URL | 2015/05/31 (Sun) 07:59 [編集]


とてもうれしいです。

真島式をスタートなさるそうですね。よく決断してくださいました。うどん粉になってしまっても液肥で葉をあらうように指で葉をこすると良いですよ。翌日さらに糠でこすれば、病気の進行が止まります。潅水の液肥の濃度も葉の状態が良いときは希釈倍率を最大にすればお財布にやさしいです。(笑)私は水道水の汲み置きを時々忘れますが、その時はめだかや熱帯魚用のカルキを中和する薬を使っています。ともあれ、メアリーお姉さまグッドラック。

シビル | URL | 2015/05/31 (Sun) 09:35 [編集]


v-254 シビル様 ようこそ♪

はい\(^o^)/ シビル様からのコメントも
私の背中を押してくださいました!
ありがとうございます。

実家に帰ったときに…と思うと、
また、買いそびれるかもしれないと思い
さっそく2リットル入りのパウチを
2つゲットいたしました♪

真島式の原理は「予防」ですが、
今季はすでにボロボロなので(苦笑)
まずは 秋にベランダで体制をととのえて
再スタートしたいと思っておます♪

メアリー | URL | 2015/05/31 (Sun) 12:21 [編集]


私、真島先生と20代後半共に働きました。ナースとして、とても薔薇が好きな先生には見えない感じでとても優秀な先生でした。薔薇先生で日本中に名前が知れ渡り驚いています。

近藤カオル | URL | 2015/05/31 (Sun) 19:07 [編集]


v-254 近藤カオル様 ようこそ♪

まぁ! そうでしたか!

真島先生は、専門の肝臓医学のほうでも
独自の医療機器を開発されて
貢献されていると伺いました。

優秀な方は、なんでも
しっかり見つめて研究されるのですねぇ!

久留米のほこりですわぁ♪

メアリー | URL | 2015/05/31 (Sun) 21:11 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)