ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

バラの剪定、3冊目の教科書♪♪ @パワースポット

今日もメアリーのベランダにお越しくださって
ありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

関東甲信から北海道にかけて
大雪とのニュース。
皆様のところは大丈夫でしょうか。
どうか、ひどい被害が出ませんように!

メアリー地方は、雪は降っていませんでしたが
1日中冷たい雨が降っていました。

この3連休中に 
ぜんぶ葉を取ってしまおうと
思っていたのに寒さに負けて
3分の1は、まだ葉をつけたままです~(^_^;)

こんな日はバラ本を読んで イメージトレーニング!


これまで 私の剪定の教科書といえば


← 皆さんご存知、バラの赤本こと、

 「バラを美しく咲かせる 
 とっておきの
 栽培テクニック」


 バラ様のお世話の基本からコツまで
 実に詳しく書かれていて 
 不滅の教科書だと思います。

 バラのタイプ別に紹介された
 剪定のページは、写真も多く
 
 バラの講習会へ
 行ったことがなかった私は
 何度も何度も 繰り返し読みました。
 
 






そして、2冊目の教科書は

「イングリッシュローズ
のすべて」


バラの栽培に関する記述は
↑赤本とかぶるところが
多いのですが (^_^;)

イングリッシュローズの
美しい写真とともに
樹形と剪定の組み合わせで
紹介されているので
ER好きには たまらない本です!




そして、このたび
3冊目の教科書 
になったのが…


本

超図解! よくわかる
バラの剪定講座
 河合伸志 著

本のタイトルの通り 1冊まるごと
「バラの剪定」にポイントを絞った本です。

それも、まさにこれから行う
冬の剪定にロックオン!


こういう本、待ってたんですよねぇ!

ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪



正直…剪定は、

習うより慣れろ!

自分ちのバラ様に
あ、ゴメン! 切りすぎた~ヾ(-公- ;)

と謝りながら 剪定前後の写真と
春の開花の写真を 
撮り重ねていくのが上達の近道。

失敗するのがイヤなら
講習会などに参加して
実際に 先生の前でドキドキしながら
剪定するのを 見てもらうのが 
一番だと思います。


でも、

忙しくて 講習会には
参加できんが

大事なバラ様を
テキトーに切る訳にはいかん!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン


そういう方には、
この本の大きな写真と図解は
とても役立つと思います。


ココゾ! という説明では 
背景を白く切り取って
枝ぶりがハッキリわかるように
工夫されているし、

超図解! というだけあって
クローズアップの写真が多くて
わかりやすい!


(BISES BOOKSだから写真がきれいなの~!)


また、剪定の分類が面白くて
バラの系統×状態別
に説明されてるんです!

どういうことかというと、

● 順調に育ち樹高が低い株
● 順調に育っているがシュートが出ず背が高い株
● 生育不良で背が高い株


というふうに、
あぁ~あるある、あるよねぇ~( ̄∀ ̄)

って思えるパターンごとに、
剪定の仕方が紹介されてるんですよ。


もう、だいぶ 剪定にも慣れ
「自分流」でやれるようになってきた
そう思っていたメアリーですが

←この本には、

 いろんな発見があり、

 もう3回は読みました!

ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪






ちなみに、トップモデルは
レディエマハミルトン様♪

うんうん、
最初に美女をもって
きましたかぁ!!!!

んで、2番目は…





フリオイグレシアス! \(◎o◎)/!



あ、失礼…
ナタリーじゃなくて

←こちらです。

このバラは知ってましたが
こんな別名があったとは
知らんかった~ (^_^;)



あぁ~早く切りたいなぁ!

でも、その前に 早く葉っぱをむしって
植え替えしなくっちゃねぇ~ orz


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


ここからは、パワースポット です。
興味のある方は 「続きを読む」から どうぞ♪

棘1

皆様、3連休はどうすごされましたか♪

メアリーは 大阪に住み始めて 
もうすぐ20年になろうかというのに
住吉大社に 初めて参拝してきました♪


住吉大社というのは、初詣には
毎年250万人が参拝するという
超有名な神社です。

何の予習もせずに行ったのですが
いま、はやりの パワースポット発見!


玉砂利

↑ ↑ ↑ 
1本の杉の木が 石の柵で囲まれている場所で、
この柵の中にある玉砂利の中から
「五」「大」「力」の字が書かれている
石を見つけて お守りにすると
願いごとが叶うとか…

なんだか、とっても神聖で パワーもらえそう


でも、実情は…

パワースポット
                                          picture by アネー

凄まじい 玉砂利 争奪戦!



なんとか、願いを叶えたいひとたちの
すさまじいエネルギーが、
この玉砂利に 凝縮されるのかもしれませんな (^_^;)

かくいう、メアリーも
この集団に混じって、玉砂利に手を伸ばしました♪

本当は、願いを叶えたいひとが
自分で3つの石を見つけないと
ご利益がないのかもしれませんが…

五大力

家族総出のチームプレーで 
なんとか3セット
アニー、アネー、ナッチの分をゲットしました♪♪♪

願い事がかなったら、
近所の小石に「五」「大」「力」と書いて
倍の個数を返納するのだとか♪

3人とも、ちゃんと、
倍返しする日が来るといいね~

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています




お正月すぎると 酸味が落ち着いて
甘味が強くなる 田村みかん!

今朝、今シーズン8箱目を注文(^_^;)

ちょっと食べ過ぎ?!

16日までポイント5倍中♪
ですよ~ん♪♪




今回は、リンゴも同じお店で
注文してみました♪

りんご食べたら医者いらず!

おいしいリンゴが届きますように♪

関連記事

PageTop





 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

故郷の住吉大社

メアリーさん こんばんは^^

何だかんだ言いながらバラもバラ本も増えた我が家
もう本もバラも買わないぞと思った決心が揺らぎます(・・;)

住吉大社~懐かしい
私の故郷です 太鼓橋を競争で渡って育ちました^^
でも、そんな石の争奪は無かったような。
神社もいろいろ大変なのでしょうね

真っ白な馬がいて、芝居小屋が掛かって
お正月は落とし玉を持って何度も通いましたよ
おかげ様で子供の頃に帰れて楽しかった^^
有難うございました^^

あじさいむくげ | URL | 2013/01/14 (Mon) 23:02 [編集]


v-254 あじさいむくげ様 ようこそ♪

あじさいむくげ様は
あのあたりで 育たれたんですね!

とっても立派な太鼓橋で
びっくりしました!
あんな神社の近くで育ったら
みんな いい子に育ちますね♪♪

三が日は とうに過ぎていましたが
たくさんの出店があって
とっても賑やかな雰囲気でした。

あぁ~ イカ焼きと玉せん!
食べれば良かった><
また、来年行こうっと!!!

メアリー | URL | 2013/01/14 (Mon) 23:18 [編集]


ほんま赤本!

わたくしもバイブルです
植え替えの土の配合や夏の剪定やらで年中読み返してます(*≧∀≦*)p
わかってても確認したくなっちゃうんですよね

今気になってるのは 小山内さんの新刊です

worldofrose | URL | 2013/01/15 (Tue) 09:46 [編集]


こんばんは~^^

コメントありがとう~^^
バラの先生にお話を伺うのもこれまた新鮮な刺激です
^^体験が多くなれば、先生の云わんとすることも、
ス~っと入ってくるようです。
初心者さんには、専門用語でちんぷんかんぷんかもですね(笑)
本もそう。
時折読み直すと、新たな発見。深読みできるようになってくるような^ -)
常に学びですね^^
メアリーさんご自身にオーラがありますよ~。
パワースポット人?かなぁ~^^

ローズヒロモ | URL | 2013/01/15 (Tue) 19:55 [編集]


メアリーさんこんばんわ〜

やっぱり剪定は専門書見た方がイイですよねぇ
買うか買うまいか悩んでいた背中を押された気分ですw

状態が解りやすい健康優良株ばかりならともかく
本格的に剪定するのは初めてのクセに
30年モノの正に古株から、挿し芽に根っこが付いたばかりのとか
猫道に当る場所に植えたばっかりに、枝を出す度にネコキックで折られて瀕死のCLとか…
いろいろありますもので、現在迷いまくっている次第です

秋遅くに某ナーセリーの事情で売りに出た
長尺苗(@蕾無しw)とか、まだ葉っぱが青々してるので勿体無い気もするし。。。

そういえば、先日のCLミミエ殿は
ほぼ無剪定の状態で半泣きになりながら掘り起こして裏庭に移植して、普通のミミは鉢あげして
土を入れ替えてレディ・エマちゃんとクレアさんに入ってもらいましたヨ

アンブリッジやジュビリーとか、まだ蕾が残ってるのがあるんですけど
いい加減摘んだ方がイイかなぁ〜とか、まだ悩んでたりしますw

あ。それから住吉さんの五大力は、朝一番に行くと案外あります
先手必勝なのですけど、バトルしながらとるのも
また楽しいモノですね♪
お願いが叶いますように!

なぞ3 | URL | 2013/01/15 (Tue) 23:07 [編集]


v-254 Worldofrose様 ようこそ♪

バラの本って、フルカラーでお高いですが
こんだけ 繰り返し読めたら
安いもんですよねぇ~♪

きっと、どの料理本よりも
繰り返し読んでると思います(笑)

小山内先生の本もいいですね♪
趣味園総集編みたいです!

メアリー | URL | 2013/01/15 (Tue) 23:24 [編集]


v-254 ローズヒロモ様 ようこそ♪

そうそう! 
以前は気がつかなかった1行が
とても意味深く読めたりして
そんな自分を 自分で褒めてます(爆)

五大力の石探し、
アニーなんて「もういいやん、帰ろう~」
な~んて さめてて、
一番燃えてたのは私~
スポコンマンガで育った世代差でしょうかね(^_^;)

メアリー | URL | 2013/01/15 (Tue) 23:30 [編集]


v-254 なぞ3様 ようこそ♪

>五大力は、朝一番に行くと案外あります

わはは! なんだか、潮干狩りみたいですね(^_^;)

すべての品種×すべての状態を
本に載せるのは不可能なので
最後は「うちのバラ切ってみてマンボv-516
なんですが、慣れないうちは
「近い事例」が載ってる本は心の支えになりますよねぇ♪

ダラダラ咲かせる方法もありますが
私は成人式前後に蕾も葉も全部とってリセット!
そして、バレンタイン前後に ブッツリ剪定
というのが 毎年のパターンです。

そんな私でも、1株だけ
あまりに葉がきれいで、
ためらっているバラがあります。
ローズポンパドゥール…どうしよう。

なぞ3様のところは 一気にバラ様が増えたので
きっといろ色大変だろうなぁ…とお察ししますが、
腰とか、肩とか傷めないように
気をつけてくださいねぇ! 

メアリー | URL | 2013/01/15 (Tue) 23:41 [編集]


玉砂利

おはようございます。
バラの教科書いくらでも読んで見たくなります。
私今回UPされてる本1冊も持ってません。
メアリー様がUPされると欲しくなる・・・・・
この時期土や堆肥などの出費があってつらいのに・・・
やばいですわ。

パワースポットの玉砂利争奪戦すごそうですね。
私もいつか大阪に行く機会があればこれ忘れずにGet!しにこう!!
面白い物を教えてもらったわ。

颯歌 | URL | 2013/01/16 (Wed) 06:42 [編集]


大雪〜!

メアリー様こんにちわ。
寒いですがお変わりないですか?
連休最終日、関東は大雪でした!私も外出していて
電車が止まり帰るのが大変でしが
バラ様達も雪をかぶって、寒そう〜でした。
2日経ってもまだ雪があります。

剪定の本、私も何冊か持ってますが、
なかなか教科書通りにいきません。
メアリー様や他のロザリアンの方々のブログはとても
参考になります〜!よろしくご指導下さい。

パワースポットすごいですね。
ご利益がありますように!

メリーベル | URL | 2013/01/16 (Wed) 10:58 [編集]


メアリーさん、こんばんは。
バラの剪定講座の本は、年末に購入しました。バラ歴8カ月で、初めての冬剪定なので、読んではみたものの、まだまだ不安がいっぱいです。

指先の湿疹の方はいかがですか。病院のお薬が効いて治られている頃でしょうか。先日の記事の時にコメントさせていただきましたが、わたしも治ってきました。
友達に湿疹のことを言ったら、薬局のヒビケア製品がいいと言うので、早速使ってみました。(数社からでていますが、成分はだいたい一緒なので、セール品で一番お安いものを購入)
塗り始めた次の日からどんどん良くなり、一週間経った今ではつるつるになってかゆみもなく、湿疹の再発もありません。ステロイドが入ってないので、一日に何回も塗っています。
メアリーさんも早く治られることを祈っています。

lily | URL | 2013/01/16 (Wed) 20:58 [編集]


v-254 颯歌さま ようこそ♪

この3冊は、どれも繰り返し読める本だと思います♪
3冊目の本は出たばっかりなのでないかもですが、
上の2冊は図書館に置いてるところも多いみたいですよ(^▽^)o
私、ブルーベリーの本は、何度も図書館でかりてます♪

パワースポットがあると 知らずに行ったのですが
「せっかくきたんだから!」と、
ついついムキになってしまいました(´∀`*)
颯歌さまのお近くにも、
ウワサのスポットあるかもしれませんよ♪

メアリー | URL | 2013/01/16 (Wed) 21:18 [編集]


v-254 メリーベル様 ようこそ♪

メリーベル様も 
雪に足止めされていたんですかぁ!
大変でしたねぇ~~

1つ1つ株の大きさも枝ぶりも違うので
剪定、迷いますよねぇ~
でも、良くも悪くも 写真に撮っておくと
「あぁ~ このぐらい切っても 
 いい感じに咲くんだな~」
ってわかってきますよ♪♪

メアリー | URL | 2013/01/16 (Wed) 21:22 [編集]


v-254 lily様 ようこそ♪

ご心配いただいてありがとうございます!
私も、お薬があったみたいで治ってきました♪♪
私は皮膚科でもらったステロイド剤ですが
前の皮膚科では 2種類試して 
どちらもダメだったんですよねぇ~

でもステロイドなしの市販薬で
いいのがあるなら グーですよね!

今まで、すっかり治ったあと1週間くらいで
再発してきてたので、もう少し様子みないと
わからないですが 今はとってもいい感じです♪♪
(手袋して寝るようにしたのも良かったかもです!)

メアリー | URL | 2013/01/16 (Wed) 21:29 [編集]


メアリーさま こんばんは♪

バラの教科書、赤本しか手元には持っていません
剪定のときは読み返しますね~
バラ本は図書館で何冊も借りて読みますが
それでも?がとめどなく出てくることってありませんか?

わたしず~っと悩んでたんですよ!
鉢で木立バラをコンパクトに育てたい場合
毎年1番花の枝で剪定していくと、毎年約10センチずつ大きくなってしまう!
どうしたら小さいままでいてもらえるの~?????

本で答えが探せなかったので
恥ずかしながら去年の小山内先生講習会で質問しました
答えはとってもシンプル「3~4年に1回は前年枝より下で切る!」
ちょっと笑われてしまいそうなQ&Aですが
この質問ができてとってもスッキリしました♪

「バラの剪定講座」系統×状態別の解説
とっても参考になりそうですね~♪

玉砂利争奪戦、ちょっと楽しそう!
みなさまにご利益がありますように

おはぎ | URL | 2013/01/16 (Wed) 22:46 [編集]


v-254 おはぎ様 ようこそ♪

赤本は、何度読んでも奥の深い本ですよねぇ~
でも、1つとして同じバラはありませんからね!
何年お育てしていても「?」だらけですwww

おはぎ様が小山内先生にぶつけた質問、
よく 聞きますよ♪♪
だって、たいていのバラ本には
お迎えして はじめての冬剪定のことしか
書かれていませんもんね。

ちなみに、小山内先生が執筆されている
「オールドローズ」という本の中では
鉢バラは 数年おきに「サイズダウン」
することで、長く楽しもうと書かれていました。

鉢増しして、どんどん地上部が大きくなって…
大きく切り下げるときには
場合によっては 鉢もサイズダウンしたほうが
よいかもしれないので、根を見たほうがいいですよ♪

バラのパワースポットもあればいいのになぁ~
「根」「葉」「花」の3文字そろえたら満開!
なんて言われたら さらにテンション上がるんだけどなぁ~(笑)

メアリー | URL | 2013/01/17 (Thu) 13:39 [編集]


初めまして

バラを育てて1年目のガーデンウッドと申します。

この1年、毎日のようにメアリーさんのブログにお邪魔しては、
コメントを残すことなく立ち去っておりました。。。ごめんなさい(/□\*)・゜゜
今日やっと勇気をだして書き込みさせて頂きました♪

このバラの教科書!
『先生!私も3冊とも持っています』(。・∀・)ノ゛と手をあげそうになりました(笑)
私の愛読書BEST3です♪

バラ本、寝る前に読むのが日課で読まないと寝れないんですよね。。。

バラ初心者の私にはありがたい本ばかりです。
メアリーさんのブロクも本当にありがたいm(_ _)mです!!

これからもお邪魔させてください♪

ガーデンウッド | URL | 2013/01/17 (Thu) 14:13 [編集]


v-254 ガーデンウッド様 ようこそ♪

ガーデンウッド様、
初コメントありがとうございます!
ささ、ウェルカムドリンクをどうぞ~v-272v-353

初めてのカキコって
勇気いりますよねぇ~うんうん
でも、うちはどうぞお気軽に!
コメントは書きたいときだけ♪
過去記事含め、いつでもどうぞ!

それにしても、
1年目で3冊ともお持ちとは
すごく勉強熱心ですね! エライ!

これから、いいことも 
ガッカリすることも
楽しくオシャベリしながら
一緒にバラ様のお世話楽しみましょう!

どうぞ、よろしくお願いいます♪

メアリー | URL | 2013/01/17 (Thu) 15:37 [編集]


買いました

メアリーさん、こんにちは。ここにコメントするのは3度目・・・でも以前使った名前を忘れちゃって、しかも以前の2回も違う名前でコメントしちゃったみたいで(汗)。

シアトルでバラ育てています。でもまだまだ初心者で剪定、特にツルバラは??だらけ。色々調べても、お国柄か(汗)大雑把で余計、??が増えていました。そんな時に日本のブログにお邪魔して衝撃!やっぱり日本はすごかった。みなさん細かく丁寧に記録をしていらして、そして色んなノウハウまでのせて下さって、感激です。それに写真が断然日本の方が上!試しに英語でバラの名前を入力してgoogle image 検索してみて下さい。

そういうわけで、メアリーさんのブログをすごく参考にさせて頂いています。ありがとうございます!

この度、冬剪定どうしよう??と迷って、ついにメアリーさんおススメのこの本を買ってしまいました!日本の本、高いので滅多な事では買わないのですが、長い冬にうんざりして(こっちは下手したら10月から5月まで天気が悪いんですよ)、買っちゃいました!しかも日本のアマゾンでこっちに送ってもらったら、地元の日系本屋で買うより安かった!アマゾン万歳!(あ、すみません、楽天で買えれば良かったんですが・・・)

内容は、素晴らしかったです。ほんと、感動しました〜。なんて細かいんでしょう!さっそく張り切って剪定してます。素晴らしい本の情報、ありがとうございました!

う〜ん、しかし、日本のブログや本を読んでいて困る(?)のが、こっちには日本で買えるバラが入手できないことが多いんですよ。日本のはもちろんないですし、ヨーロッパのも少ないです。(名前が違うだけなのか??)今レイニーブルーが欲しいんですが、ないですね・・・。それに、スリット鉢もないです・・・。今度日本に帰ったらスリット鉢を大量に買い込む予定です。

ところで、この本、続きが出ているんですよね?「もっと知りたい! バラ栽培と剪定講座 」お読みになられましたか?もし良かったらご意見伺いたいです〜。

るぞお | URL | 2015/02/02 (Mon) 01:52 [編集]


v-254 るぞお様 ようこそ♪

シアトル…シアトル…、もしかして りの様では?!
でも、るぞお様というHNも素敵♪

アマゾン海外発送してくれるんですね~
スリット鉢もアマゾンで売ってるのでは?!

選定講座の続本は出てるなんて
知りませんでした><

さっそく明日、本屋に行ってみなくっちゃ!!
今の職場、大きな本屋さんのあるビルに
入っているのが最大のポイントです(笑)

レイニーブルー、素敵なバラですもんねぇ~
シアトルでも見つかるといいのですが(祈)

先日、剪定してしまったので
また、時間見つけてアップしますね♪

メアリー | URL | 2015/02/02 (Mon) 23:19 [編集]


メアリーさん、こんにちは!
メアリーさんのお返事を読んで、そうか!!と張り切ってアマゾンでスリット鉢を検索。そして注文最終確認のページでガクッ。海外発送はしてくれないそうです・・・。(してくれても送料が怖いかも・・・)

今日、地元の園芸店で、Pretty in Pink Edenという名前のバラを買って来ました。花色が濃いピンクだそうです。Eden がピエール様と気づいたのは去年の夏でした(汗)これはピエール様の枝変わりなのか、それともルージュさまのように関係ないのか、興味があります。ネットで調べたら、花弁数が多くて香りがもっとあって、四季咲き性だそうです。果たして上手く育てられるかな・・・・。

るぞお | URL | 2015/02/06 (Fri) 11:33 [編集]


v-254 るぞお様 ようこそ♪

あやゃゃゃ! アマゾン、本は送ってくれても
スリット鉢はダメでしたかぁぁぁ!

Pretty in Pink Edenってかわいい名前のバラですね!
お花の写真タグはついていなかったのですか?
そういうのも国柄なんでしょうね♪

四季咲きで、香りがあって、
花弁数が多いピンクのバラといえば
つるイヴピアッチェ様や、パレード様を
思い浮かべますが

どんなお花が咲くのか楽しみですね!
また、お花が咲いたらどんな様子か教えてくださいね♪

メアリー | URL | 2015/02/07 (Sat) 15:50 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)