ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

2年ぶりに植替えた鉢の土 @ I was born.

【加筆 1月20日】 培養土の再利用について加筆しました。

今日もメアリーのところに遊びに来てくださって
ありがとうございます♪♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

プリンス

連休中に葉をむしると同時にカットした
ザ・プリンス様の蕾が お部屋の中で咲いてくださいました

プリンス2

さぁ~、プリンス様に元気をもらって 植替え!植替え!

プリンス様もそうですが、
私は、木立のバラ様には 
8号ロングスリット鉢を愛用しています。

ここ数年、コガネキッズに根を食べられて
枯れたり、調子が悪くなったりしたバラ様を
8号⇒5~6号にサイズダウンし

そうやって空いた8号ロングスリット鉢を、
他のバラ様の鉢増しや、植えつけに
順繰りまわしで 使っていたので、

長いこと鉢を買っていませんでした。


でも、昨年 コガネキッズお断りマルチ大作戦を徹底した結果
コガネキッズに食害されたバラ様はゼロ~♪

 ピッピピッピww  
      ↑ リオのカーニバルの皆さん ↑


アハハ、実は コガネキッズ様は
うちの 鉢の節約循環に
一役買って下さっていたんですねぇ~・・(;´д`)ゞ


仕方がないので Berrys Life 楽天市場店 さまで
発酵肥料に使う資材と一緒に
久しぶりにロングスリット鉢を買いました。

ベリーズライフ

Berrys Life様は、いろんな肥糧や資材を
測り売りしてくださるので、
「ちょっと使ってみたいww」 小市民に優しいお店です♪








ピカピカの新しいスリット鉢を見たら
俄然、やる気が出てきて 植替えスタート!!!

一時期、白バラ病が重症化していましたが
新しい方をお迎えする前に、

今、ベランダにいらっしゃる 
グラミスキャッスル様を大事にして、
きれいなお花をつけてもらわなくっちゃ♪♪

8号


懸崖タイプ8号スリット(5L)⇒8号ロング(8.5L)へ 鉢増し&土替え。
一口に8号と言っても、土の量が全然違います。(単純計算で1.7倍!

ところで、
このグラミス様は、2009年11月に
ピーキャット培養土で植替えしたものです。

つまり、丸2年ちょっとたってます。

根張りも気になりますが、
2年間植替えしてない ピーキャット培養土が
どんな風になっているのか、興味津々です。
(初体験です)

鉢の側面をトントンっと叩いて
鉢をひっくり返すと…

スッポン! と抜けました。

根張りは上々♪♪ (ほっ)

グラミスの根

で、ちょっとつついてやると、
ウワサ通り ザザーっと根鉢が壊れて 土が落ちました!
(中心に残っている土は、苗が届いたときの土です)

すご~いwww ∑(ノ)゚Д゚(ヾ)

ウワサは本当でしたネww

ピーキャットの古土


古土とは思えない、
粒がしっかりした きれいな土です。

古土の状態は、バラの健康状態によっても左右されますが
HCの安売りの培養土などは、
粘土みたいにガッチリ固まって根からはずれなかったり
赤玉が崩れて微粉状態になっていたりすることが多いです。

この土なら、腐葉土を足して
すぐにでも再利用できそうな感じ♪♪
ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪

ちなみに、再利用の仕方は 
ピーキャット様のHPに紹介されています!
         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  培養土を使いこなそう!

【加筆 1月20日】 ↑ 培養土の再利用については、ここでしっかりお勉強した上で
              HPの「うりゃ猫特設ステージ」のコラムをご覧ください♪

  
やりだしたら、調子にのってきて4鉢 土替え・鉢増し完了♪
とっても楽ちんに植替えできました♪♪♪

ピーキャット培養土の古土は 
他の古土と分けておきたかったので 
ダンボール箱の中で土を落としました♪

ピーキャット培養土、
いい土です!(≧▽≦)b Good Job!








にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



棘1

今朝、アニーに「今、国語は学校で何やってるの~?」と
何気に聞いたら、教科書は使わずに
「I was born」という散文詩をやっているという答え。

知らないないなぁ…???

どんな詩だろうと思って、検索してみたら
吉野弘という人が書いた
「現代詩の最高傑作の1つ」なんですって。

(。-`ω´-)ンー なるほど。

とても印象に残る詩だったので
私と同じように、ご存じない方のために
ちょっと長いですが 転載します。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

I was born

確か 英語を習い始めて間もない頃だ。

或る夏の宵。父と一緒に寺の境内を歩いてゆくと、
青い夕靄(ゆうもや)の奥から浮き出るように、
白い女がこちらへやってくる。物憂げに ゆっくりと。

女は身重らしかった。父に気兼ねしながらも
僕は女の腹から目を離さなかった。
頭を下にした胎児の 柔軟なうごめきを腹のあたりに連想し 
それがやがて 世に生まれ出ることの不思議に打たれていた。

女はゆき過ぎた。 

少年の思いは突飛しやすい。 
その時 僕は<生まれる>ということが まさしく<受身>である訳を 
ふと 諒解した。僕は興奮して父に話しかけた

---やっぱり I was born なんだね---

父は怪訝(けげん)そうに僕の顔をのぞきこんだ。
僕は繰り返した。

--I was born さ。受身形だよ。
正しく言うと人間は生まれさせられるんだ。
自分の意思ではないんだね--

その時 どんな驚きで 父は息子の言葉を聞いたか。
僕の表情が単に無邪気として父の眼にうつり得たか。
それを察するには 僕はまだ余りに幼かった。
僕にとってはこの事は文法上の単純な発見に過ぎなかったのだから。

父は無言で暫く歩いた後、思いがけない話をした。

--蜻蛉(かげろう)と言う虫はね。生まれてから二、三日で死ぬんだそうだが 
それなら一体 何の為に世の中へ出てくるのかと 
そんな事がひどく気になった頃があってね--

僕は父を見た。父は続けた。

--友人にその話をしたら 或日 これが蜻蛉(かげろう)の雌だといって
拡大鏡で見せてくれた。説明によると 口はまったく退化していて
食物を摂(と)るに適しない。胃の腑(ふ)を開いても 入っているのは空気ばかり。
見ると その通りなんだ。

ところが 卵だけは腹の中にぎっしり充満していて 
ほっそりとした胸の方にまで及んでいる。
それはまるで 目まぐるしく繰り返される生き死にの悲しみが 
咽喉もとまで こみあげてるように見えるのだ。
淋しい 光の粒々だったね。私が友人の方を振り向いて 
<卵>というと 彼も肯いて答えた。<せつなげだね>。
そんなことがあってから間もなくのことだったんだよ、
お母さんがお前を生み落としてすぐに死なれたのは--。

父の話のそれからあとは もう覚えていない。
ただひとつの痛みのように切なく 僕の脳裡に灼きついたものだった。

--ほっそりとした母の 胸の方まで 息苦しくふさいでいた白い僕の肉体--。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*


少年の無邪気な発想とは裏腹に、
「生と死」、受け身ではなく「自ら生きる」ということの意味を
母と蜉蝣の生きざまを通して考えさせようとする父。

父に話をさせるきっかけを作った少年にとっては
あまりに唐突で、しかも重くショッキングな内容を聞かされて
少年は「生きる」ことの意味について考えるところまで行きつかず
「父の話のそれからあとは もう覚えていない。」

少年が、父の話した真意をわかるようになったのは
自分も大人になって 冒頭にあるように、冷静に
「確か 英語を習い始めて間もない頃だ。」と、
回想できる年になってからのこと。

この少年とおなじく、
きっと、この詩を読んで、すぐに
「自分の命を大切にして 生きて行こう」
と思える中学生は少ないんじゃないかなぁ。

単に「解釈」という薄っぺらい理解じゃなくて
大人になって「生きて行くということ」について考えたときに、
もう一度 かみしめて読んでくれたらいいなぁ…

そんなことを考えた朝でした。

そうそう、この詩とは関係ないんですが
「I was born」で検索しているときに 
ヒットしたYou Tubeが良かったので
貼っておきますね♪

この曲もいいのですが いろいろな立場・年齢の方が
You Tubeのページに寄せられていたコメントが心にしみて…。゚(。>ω<。)゚。ピー

僕が生まれた時のこと -It was when I was born-
   ↑  ↑  ↑
きっと、これ読んだら泣いちゃうから
通勤中とか、会社の昼休みには見ないでくださいね~!

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 


   いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


関連記事

PageTop





 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

8号ロングスリット鉢は、今回の植え替えで2株ほど使ってますが、土がたっぷり入って場所取らずで良いですよね♪♪

うちは夫の意向で、その他はリッチェル鉢に統一してますが(デザインが可愛いんですって。。。)、本当はスリット鉢が安いし軽いし最高なんですよね~!!
フチが無いタイプだと、虫の卵とかも産み付けられないし♪♪

ピーキャットさんの培養土、私もこれは100%信頼してます。
メアリー様がおっしゃっている通り、土離れがいいんですよねぇ~!団粒構造が壊れていない証拠だと思います。

今年の植え替えはすべてここの土でやりましたよ♪♪

国語の教科書、昔からもらうとすぐに最後まで読んでました。
結構ドキっとする話が載ってるんですよねぇ~
私の場合は「夏の葬列」というお話がとってもショッキングでした。

I was born、果たして中学生に理解できるか・・・??
でも結構感受性が強い年代ですから。。。
Youtubeはさすがに会社では見られない(笑)ので、帰宅してからじっくり観させていただきます♪

magnon | URL | 2012/01/16 (Mon) 16:29 [編集]


v-254 magnon様 ようこそ♪

「続きを読む」早々に読んでくださったんですね!
実は、朝 妙に感動して「続きを読む」書いてしまったんですが
あとから読んだら、重~い内容だったので
昼ごろ、カットしちゃったんです。

でも、magnon様のコメント読んで
また、復活させちゃいました(汗)

「夏の葬列」去年、アニーの教科書で初めて読みました!
あれはうなりました~(。-`ω´-)ンー
だって、なにひとつ、前向きなメッセージが見つけられなくて
つらいだけなんだものww

それにしても、mganon様のダーリン、
乙女ちっくなんですね v-343

メアリー | URL | 2012/01/16 (Mon) 16:57 [編集]


同じスリット鉢でもこんなに違うのですね~
う~~ん。
ウチは毎年植え替えしないと根がビッシリになり過ぎて
でも鉢増しはスペース上できないので
思い切り根を切り詰めているのですが
これなら鉢増ししなくても良さそうですね。
でもデザイン的に玄関前って考えると
(うちの唯一のガーデニングスペース)
やっぱり見栄えを考えるとリッチェルや懸崖タイプにしちゃうんですよね~

私は京成バラ園の土、一辺倒ですが
土換え後の土、こういう状態が当たり前だと思ってましたv-12
粗悪な薔薇土はそうではないのですか!
京成の土だと薔薇を植え替えてすぐに
使い古しの土に肥料を混ぜれば草花植えられますもの・・・

やっぱり土は大事ですね。
良い土を選べば廃土もほとんどありませんもの♪

ROUGE | URL | 2012/01/16 (Mon) 17:30 [編集]


まさにタイムリー!!

こんばんは♪

先ほどはコメントありがとうございました!!
米ぬか発酵肥料、発酵せずに失敗しちゃったかな・・と
悲しい気持ちになっていたので
希望が持ててホッとしました~♪

今年は土に注目しようと決めた私なので
メアリーさんオススメのピーキャットさんの
培養土とクリプトモス買っちゃいました~!!

昨日植え替えしたんですよ~♪
恥ずかしながらHCの培養土を今まで使っていたので
土を見てこんなにも違うものかと驚きました
すごくサラサラなんですね~
引き抜いたHCの培養土はカッチカチになって
根から取り除くのに苦労しました・・・

これからが楽しみです♪♪

「I was born」知りませんでした
中学校の授業ですよね?
すごく衝撃的です

私たちの世代で感じることと、中学生の子が感じることって
たぶん違うと思うんですが
アニー君はどんな感想を持ったんでしょうね?
ちょっと気になりました

ちゃみちょこ | URL | 2012/01/16 (Mon) 19:13 [編集]


こんばんは♪

まだ、蕾があったのですかーーー@@

ところで、お写真の鉢から抜いたバラ様ですけど
水遣りをしてからどの位たっているのでしょうか?
このぐらい間があいていれば大丈夫だろうと鉢変えをしても、
いつも水分が残っていて按配がわからないんです。
あまり乾燥させてもいけないのではないかと
中途半端に決行してしまうので、同じp-cat様の土なのですけど、
さらさらの状態をお目にかかったことがありません^^;
さらさらを体験してみたい~~~^^

I was born、私も知りませんでした。
感受性が強いお子様ですと、きっと衝撃的なのではないかと思いますねぇ。
そういう感性のなさげな我が家の子供達は、きっとサラーッとするだけではないかと思われます^^;
時たま、良い文があると机上に置いておいたりするんですけど、
たぶん目を通しても頭には浸透していないはずです・・・

サンデー | URL | 2012/01/16 (Mon) 19:49 [編集]


v-254 Rougeさま ようこそ♪

「8号」っていう表記どうかと思いますよねぇww
スクエアだと、もぉ~っとたくさん入りますもん。
「●リットル」で統一してくれればいいのになぁ~って
思います。

ロングスリット、なかなかに優秀ですが見た目がねww
私は、目立つ場所には お気に入りの鉢ポットを置いといて
中身のバラを スリット鉢ごと入れ替えとっかえしてますよ~♪

メアリー | URL | 2012/01/16 (Mon) 20:02 [編集]


v-254 ちゃみちょこ様 ようこそ♪

私も色々使ってみましたが
スリット鉢とピーキャット培養土の組み合わせは
私のバラ育てに一番しっくりきているようです♪

岡山ではどうかわかりませんが
アニーの中学校の教科書、
毎年、ドキっとするくらいシビアな題材が多いんですよぉ。
(あ、I was bornは 教科書ではないですが)

アニーねぇ~(笑) 今度聞いてみます♪

メアリー | URL | 2012/01/16 (Mon) 20:08 [編集]


v-254 サンデー様 ようこそ♪

3~4日でしょうか? ちょっと乾きすぎかも(大汗)
コマツナがしおれてきて あわててお水あげてるような状態です。
春の開花に影響出たら どうしようwww

でも、毎年、水をやってから やる気が出て 
植替えが大変なことになっちゃうので
今年は、お水をあげる前に植替えするぞ!
と固く肝に銘じていましたww

アニーは…(爆) 今も後ろで鼻歌うたってますが
たぶん、深いことは何も感じとってないでしょうね…
ま、ずぶいところが彼の長所なので、
大人になってから 読みなおしてもらいます(笑)

メアリー | URL | 2012/01/16 (Mon) 20:15 [編集]


メアリーさま、こんばんは♪
ひとつ乗り遅れてしまったのですが、例のクリスマス用レース編み始められたのですね♪
やっぱり英語表記 難しそうですね~ でも、略語対応表まで掲載、ありがとうございます。
私もいつか作ってみたいと思っていたのですが....
メアリーさまと一緒に、頑張っちゃおうかな??困った時にご相談できるし♪^^

マダム 樹勢強いのですね...
うーん どうしよう 狭い場所にマダムvs姫 で地植えしちゃいました。
この春、火花ならぬ うどん粉の飛ばし合いが始まるかも~ 怖いっ

ところで、詩...
内容も素晴らしいと思ったのですが
流れるような言葉の美しさに気を取られてしまいました...
(わたし薄っぺらいかも。。。 ^^;) 
それで、検索したら、吉野弘さんの詩をまとめているサイト発見。
他にもとても素敵な詩を書いていらっしゃる方なんですね。
知りませんでした、ありがとうございます♪

yumico | URL | 2012/01/16 (Mon) 22:35 [編集]


ザ・プリンス様凄く奇麗ですね~
カルメンの衣装のようです♪(←スカートの裾のイメージ♥)


私もとうとうやりました!
待ちに待ったピーキャット培養土とスリット鉢での植え替え♪
一緒に購入したクリプトモスのマルチ&メッシュでガードも植え替えてからにしようとずっとずっと仕舞ってあって…。
だからコガネも心配だったんですが…

結果、一鉢だけやられてました。
一鉢で済んだのが逆にびっくりなのですが‥
なんとそのハズレくじの一鉢、ジュード君でしたorz

根っこはそこそこ残ってたし、特に目に見えて調子急降下って訳でもなさそうなので大丈夫だと信じてるのですが…
ジュード君ってそんなにおいしいのでしょうか。
メアリーさんのとこもつんつるてんのジュード様おられましたよね。その後どうですか?

そうそう、今日書いた記事とちょうど内容がかぶるんです。リンク貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?

かめいち | URL | 2012/01/16 (Mon) 23:10 [編集]


(-_-)

おはようございます。
めちゃ、いい土ですね。
これは、一度使ってみようと思いました。
肥料資材も気になるし・・・
いい情報をありがとうございます。

ところで、「I was born.」全く知らない詩です。
初めて読みましたが、中学生がこれを理解するのは
なかなかでしょうね。
ちなみに、私にもむずかしい・・・・・・(-_-)
でも、情景が頭にすぐに浮かぶ詩ですわ。
最近、バラや花の本以外読んでないな・・・
久しぶりに受けた刺激です。
youtube見られなかったです。

颯歌 | URL | 2012/01/17 (Tue) 06:28 [編集]


youtube

自分で見に行きました。
とてもいい歌ですね。
長男が生まれたときの事がグルグルと頭を駆け巡りました。
コメントも読むと涙が出そうになりました。

颯歌 | URL | 2012/01/17 (Tue) 06:39 [編集]


ごぶさたしてます
いつも楽しく読み逃げさせていただいてます アセアセ

我が家も連日 植え替え作業に追われてます
もう体中 バキバキですよ・・・

あ そうそう 実はわたしも白バラ病にかかってしまい・・・ブランピエールと、プリンセステンコー・・・買っちゃいましたぁ!!


この詩 ずいぶん前に読んだことがあります
すごく 印象深い詩です。
ワタシは 介護の仕事をしていたので 人の生死について たまに 軽く感じたり 重く感じたり・・・
でも やっぱり すべての生き物は命をつないでるってことだけは おろそかにしちゃいけないと 思ってます。

よう | URL | 2012/01/17 (Tue) 07:31 [編集]


v-254 yumico様 ようこそ♪

ぷぷぷ! ご相談はムリムリ ヾノ・∀・`)ムリムリ
か~な~り! 怪しいんですよ、編み方www
私がyumico様にご相談したいです!
ぜひぜひ、編み始めちゃってください!!

マダムは確かに少し 
うどん粉がお好きなような気がします。
うちの苗が まだ若いからかもしれませんww

そうそう、私もぜんぜん知らない人だったんですが
美しい詩ですよね。(だって、最高峰なんだもんね!)
私も、いろいろ読んじゃいました♪
私が中学生のときんは、こんなドキドキするような詩は
習わなかったなぁ~

(…というか、何習ったかサッパリ記憶が…爆)

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 07:42 [編集]


v-254 かめいち様 ようこそ♪

ジュード様、人にもコガネにも
魅力的な方なんですよ、きっと!!!
うちは、2回(2株)もやられてしまいましたww
1株は枯れてしまいましたが、
もう1株はサイズダウンしてお花さかせてくださってます♪

かめいち様のところ、根がそこそこ残っていたなら
大丈夫です!(うちは生き残った株もツンツルてんでしたから…)

リンク、どうぞどうぞ♪

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 07:50 [編集]


v-254 颯歌さま ようこそ♪

うちのベランダではピーキャット様の土とスリット鉢の
組み合わせが とっても相性いいんです。
環境によって違うかもですが、一度、お試しあれ♪

you tubeのこと、教えてくださってありがとうございます!
曲よりもコメントに涙したので、
曲の埋め込みじゃなくて you tubeのページに
リンクしたつもりだったのですが
うまく、リンクできていませんでしたね。

リンク、貼り直しました♪♪♪

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 07:55 [編集]


v-254 よう様 ようこそ♪

いつも読んでくださってありがとうございます♪
リードオンリー、ぜんぜん構いませんよぉ~♪♪

ブランピエール様とプリンセステンコー様
お迎えなさるんですねぇ!
うらやましかばぁ~い!!!!(思わずお里言葉がw)
プリンセステンコー様は、実物みましたが
本当にゴージャスで素敵でしたwww

命をつなぐ…つながれた命を大事にせねば!
本当にそう思います。

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 08:58 [編集]


Pキャットさんの培養土

2年経過しても こんなにさらっとしているんですね。

これなら カニガラなどを入れて再利用に十分
耐えうる土ですね^^

YOUTUBEって その曲にまつわる
コメントを読むとぐっとくることが多いです。
コメント読みたさにページをめくることも^^

今の中学生 難しい勉強をしているんですね。

この詩は 膏薬のように時間を掛けて

じわっと効いてくる詩ですね。

何度読み返したでしょうか。

1.2回読んだだけでは 大人の私にも難しかったです^^;

三日月 | URL | 2012/01/17 (Tue) 09:34 [編集]


バラ好きの皆さんの探求実って、鉢植え栽培向に良い用土がどんどん誕生していますね。ありがたいことです。

プリンス、綺麗な色ですね♪♪

娘が小学校1年生のときの授業参観が「私が生まれた日」でした。
もちろん、吉野弘さんの詩のように「誕生」を深く掘り下げることのできる年齢ではありませんが、それなりに心に沁みたのだと思います。
娘は自分の誕生日ごとに、生んでくれてありがとうと言ってくれます。

この詩の少年が受け身ととらえられた「出生」ですが、ご存じのとおり胎児は10か月間で生まれるための準備をし、自ら生き抜く力を着け実に能動的に誕生するという一面もあります。
少年がやがて父親になる時、もしかしたらそういう部分にも気づくかもしれません。そこでまた生きることをより深く理解するようになったり、蜻蛉の雌に対しても違う思いを抱いたりするのかな…。
思春期は「どうして生まれてきたのだろう」という命題にたどり着いてしまうような、悩み多き年頃。
思いを伝えあう父子、ちゃんとは伝わらない様、読む人の心をとても温かく切なく揺さぶる詩なんですね。

くらまま | URL | 2012/01/17 (Tue) 14:30 [編集]


我が家も断然8号スリット鉢支持です~!
というか、去年の時点で出会っておきたかったです。
であれば植え替えで10号鉢に空手チョップとかしなくてすんだのに・・・(´;ω;`)

ピーキャット様の土、なにげにず~っと気になっていたのですが、やはりウワサ通りの優れものなのですねぇ♪
ホント、ツブツブがちゃんと残っていて、腐葉土や堆肥を入れればすぐにでも再利用できそうです!
我が家は改良赤玉土と腐葉土メインで植え替えに使っているんですが、なくなったらピーキャット様のにしてみようかな~~♪と考え中です。

「I was born」なかなか胸にズゥ~ンとくる詩ですね。
けれど感受性の強い10代の子たちはオトナが思いもよらぬ解釈をして、それがまた「うんうん」と大いに頷けるモノだったりすると思います~(というか、私には難しすぎました~笑)
私が中学生の頃って、ハイネとかヴェルレーヌの訳詩を習って「うわ~きれい~」と単純に喜んでいたので、ちょっとこの詩は衝撃的でした~

shine | URL | 2012/01/17 (Tue) 15:17 [編集]


v-254 三日月さま ようこそ♪

思えば、ピーキャット様との出会いは
ブログを初めてまもない頃だったので
ピーキャット培養土で植えつけた鉢を
ひっくり返すのは初めてでしたが
さすが イワモトサンノ硬質赤玉を使っているだけあって
ぜんぜん、粒が潰れてませんでしたねぇ~♪

この詩、なんとも深い詩でしょう?

アニーの国語の教科書、
生(性)と死をテーマにした話が
多い気がするのは気のせいかなぁ…


メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 18:16 [編集]


v-254 くらまま様 ようこそ♪

くらまま様のおじょうさん、
なんて素敵な人にお育ちなんでしょう!
それもこれも、くらまま様の愛があってこそですわねぇ~v-352

よく「子供は親を選べない」という言葉を聞きますが
ある方が、「子供はあなたを選んで生まれてくる」
とおっしゃってて、とっても嬉しくなりましたww

生をうけるきっかけは、親が作ったとしても
そのあとは 子供の人生。強く生きてほしいですよね♪

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 18:50 [編集]


v-254 shine様 ようこそ♪

ですよね! 10号ロングも発売してほしいですw

ピーキャット様に出会ったのは
ブログを始めた頃で、その年の秋に初めて
ピーキャット培養土を使ってみたんですよね♪
成育も上々でしたが、2年たって初めて鉢を
ひっくりかえしてみて、さらにファンになりました!

私、自分が中学の時に何を習ったか
さっぱりおぼえてないんですよねぇ~

でも、アニーの教科書って 毎度毎度、
ズゥ~ん とくる話が載ってて、
(「夏の葬列」とか「ウミガメと少年」とか)
ビックリなんですよwww

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 18:59 [編集]


こんにちは!
本当にさらっさらの土ですね。
こういう状態であれば、栄養を付け足して
まだまだ使えますよね♪
新しい鉢で元気もりもり成長してもらって
たくさんお花が咲きますように!!

ゆー2010 | URL | 2012/01/17 (Tue) 19:28 [編集]


こんばんは~

プリンス様、美しい~!
我が家の株はどうも貧弱で…(泣)

植え替え、着々と進んでますねぇ。。
私もなんとかせねばーー!

「I was born」知りませんでした。
すごく「深い」です。。
YouTube、いいですねぇ。。
歌詞ももちろん素敵だけど、これを聴いて「泣ける心」を持ってる人達がもっと素敵です。。(*^_^*)

baramaru | URL | 2012/01/17 (Tue) 20:07 [編集]


こんばんは~^^

ピカピカの新しいスリット鉢を見たら
俄然やる気ができるのは、同じ同なじ~^^
新しい道具やアイデアがあるとほんとウキウキです^ -

前回のバラの誘引考察、さすがですね~
メアリーさんを師と仰ぐ人も結構いらっしゃいます。
そ・尊敬~^^
限られた鉢の中の環境。
飼い主(育て主)の想いで全然変わりますね。
いい住まいといいベッド、美味しいお食事、
バラとお話しできるようにならなくっちゃね^^

ローズヒロモ | URL | 2012/01/17 (Tue) 20:23 [編集]


時間が掛かるぅ

メアリーさん こんばんは^^

昨日からお邪魔しているのですが、一杯気になるところがあって~

ビーキャットさんのページ(培養土)は気になるけど時間が掛かりそうなので~明日見ます

今回は バラの支柱の事です
金網フェンスに前から何かしたいと思っていたのですが
ローズスタイルでフェンスを作ってみようかと思います
これなら破棄する時も楽そうだし、費用も嬉しい!

いつも、何かしら取り入れたくなるメアリーさんのブログ
濃い内容なので~読むのに時間が掛かるのです
でも、いつも本当にいろいろな事を参考にさせて貰っています
今回も有難うで終わります^^

あじさいむくげ | URL | 2012/01/17 (Tue) 23:12 [編集]


v-254 ゆー2010様 ようこそ♪

粒がしっかり残っているのがいいでしょぅ?
一応 天日干ししてから、腐葉土などを
まぜて 再利用しようと思っています♪

植替えしない鉢も、たくさん咲いてくれるといいなぁww

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 23:30 [編集]


v-254 baramaru様 ようこそ♪

5年目になるプリンス様ですが
秋苗でお迎えしたときには、つまようじのように枝が細く
翌春には1輪しか咲かなかったんですよぉ~
やっと、王子らしい株になってくださいました♪

植替えねぇ、全部はしないんです。
それも、晴れた日にしかエンジンかからないので
着々とは言えないかも~(汗)
でも、1鉢1鉢まえに進むしかありませんから 頑張ります!


>これを聴いて「泣ける心」を持ってる人達がもっと素敵です

本当にそうですよね。
コメントを読んでいると、普段は見せない
素直な自分の言葉で書かれていますよねv-352

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 23:35 [編集]


v-254 ローズヒロモ様 ようこそ♪

久しぶりに買った ロングスリット鉢!
なんだか、ぴっかぴかで ランドセルが届いた気分でした♪

考察だなんてwww
プロなら、最初から絶対にやらない
組み合わせ・誘引なんでしょうが
シロートはやってみないとわからないんですよねぇ~

でも、失敗しながらでも 自分で発見しながら
前に進むのが楽しくてやめられません♪
バラ様は… ちょっと迷惑だと思いますけどね!

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 23:39 [編集]


v-254 あじさいむくげ様 ようこそ♪

キャー>< そうですよねぇ!
私も いつも長いなぁ~って思うんですw
すみませんwww 酔っ払いと思って大目にみてくだい(笑)

ローズスタイル、いいですよね!
私も ちょっと使ってみたいなと思って
サイドバーに貼ってるんです。
お値段の割に、かっこいいですしね!

先日、記事にしましたが
じょうない様のフェンス作りを見せていただいて
あの連結クリップの実力もわかりましたしね!

サイズが色々あるようなので、
間違えないように注文しないといけませんね。
まず、ベランダで採寸しなくっちゃ♪

メアリー | URL | 2012/01/17 (Tue) 23:47 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)