ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

夢からさめて…ピエールの剪定(。+・`ω・´)キリッ☆

【追記 0709 23:40】 
四季咲きバラについて 記事の最後に加筆しました♪


お暑い中、今日もメアリーのベランダに
お越しくださってありがとうございます♪ ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

もっと早く着手しようと思いながら

「今日は  雨が降っているから また今度…」と先延ばし

「今日は  日差しが強すぎるから また今度…」と先延ばし

そして、涼しくて穏やかな日には

「今日は 薔薇さまの写真びよりだから また今度~」と先延ばし

と、なかなか 決断できなくて 実行できなかった
ピエール様の剪定 をしました。


この春、メアリーのバラ人生で(←オオゲサ!)
一番たくさんの花をつけてくださったピエール様。

ピエールのアーチ15
↑↑ CLICK ↑↑


この花つきには、マルチングや自家製肥料などの他に
もう一つ、成功要因があると考えています。

それは、7月中に行う 花後剪定

それまで、満開でたわわに咲くピエール様を見るには
とにかく 大きくすることだ! と思いこんでいたメアリー。

木立バラは 強剪定するくせに
ピエール様は お迎えから5年近く、
枝先をチョンと剪定するにとどまっていました。

その結果、図体ばかり大きくなって、一向に花数が増えませんでした。


それが去年、「花ぐらし」で見つけてしまったのです!
小山内先生が執筆されていた アーチの管理方法!!

まず、ちょっとタイムスリップしますが
去年の夏は、小山内先生が「花ぐらし」に執筆されていた
アーチの管理方法を参考に、アーチの上部をかなりカットしました。

↓ これが、その記事を読んでカットした 去年7月のピエール様。

IMG_5946.jpg

この日のブログで、私は「切りすぎたかなぁ~」と心配していましたが

その後、秋ごろには 「もう少し切れば良かった」と後悔しています。

上の写真、まん中に1本だけ 太いシュートを残しているでしょう?

秋頃になると、先生が書かれていたとおり
主茎の下のほうから 若い枝がでてきたのですが

同時に、未練がましく残したアーチの上の 枝先から
シュートが伸び出しました。
あの位置から先に伸びても、
この小さなアーチでは 花枝を受け切れません。


しかし… 去年のブログに
「来年は絶対、ガッツリ切るぞ!」と書いていても

ピエールのアーチ15
↑↑ CLICK ↑↑

このお花を見たあとに、アーチの上部をスッポリ切るのは
なかなか 勇気がいるものです。

そこで、春に「小山内健とめぐる靭公園」に参加したとき
先生に聞いてみました。

お困りメアリー(p´・_・`q)   「先生、去年 花ぐらしに掲載されていた方法で
                 今年は、バッチシお花が咲いたんですが
                 アレは毎年使えるワザでしょうか?」


先生
使えるよ♪
バラ園なんて、
ずっとあの方法で
枝の更新しとるんよ。




(´∀`人).☆.。.:*・゚エェ~ホントですかぁ~♪♪
あ、先生、写真 使いまわしてスミマセン 


先生も、あぁ言ってくださってたし、
あらためて去年の画像みると
けっこうガッツリ切ってるし、

ファイト! o(`・д・´)o メアリー! 

きっと大丈夫!!

自分の決断を信じて!!

よ~し!!!切るぞ!    バッツリww

ピエールの剪定

逆光、あんど 
カドフィール様とダビンチ様が写り込んでて
わかりにくい写真ですが
今年は、正真正銘 アーチの上部を全カットしてみました 




で、太い枝の切り口には
カルスメイト

を塗っておきました♪ 



それから、一本杉のままでも 大満足の春でしたが
まだ、ベイサルシュートの夢を捨てたわけじゃないですよ!


諸先輩がたのアドバイスをもとに
ピエール様の6月末の追肥は、普段の1.5倍くらいにしてみました♪♪

ベイサルがでなくても
若いシュートが たくさん出てくれたら嬉しいな♪♪


5月16日ジェキル
↑↑ CLICK ↑↑

そうそう、ガートルードジェキル様も、
けっこう大胆にカットしましたよ。

去年、どうにも 通り道にはみ出して
他のバラ様を傷つける枝が2本あったので
夏に、勢いで バシっと……
根基から切ってしまったんです 

そしたら、その切り口から 元気なシュートが!

今年も、同じように 切り口からシュートが
出てきてくれるかどうかはわかりませんが
ベイサルも2本出てきたので 古枝2本をカットですww

【追記 オマケ】
ジョゼフィーヌ
チビ苗で我が家へ来たジョセフィーヌ様が咲いてくださいました

【追記 0709 23:40】 
コメント欄に バジル様が ためになるお話を書いてくださってたので
こちらに加筆しておきますね♪


え~っとセミナーで聞いたお話ですが…
メアリー様がアーチの上部をバッサリ切られた方法は
「かつら取り」という手法で、オベリスクでも
アーチでもフェンスでも使える、ということです。

四季咲きバラでも、誘引位置いっぱいまで育ったバラは
かつら取りをして枝の更新を図ってもOK。春に
花をつけた枝は真中あたりで剪定すれば、また咲いてくれます
(花数は減りますが)    by バジル

 

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加中♪ 

いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



関連記事

PageTop





 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今晩は、imiで~す。
「アーチの上部をスッポリ切るのは
なかなか 勇気がいるものです。」
⇒本当に勇気が要りますよね。
でも良く思い切りましたね。
この記事、私も読みましたよ。
参考になったわ。
小山内様の記事、とてもわかりやすくて大好きです。
この愛嬌のあるお顔も好きです。
メアリーさん、素敵な先生とお知り合いで羨ましいわ。
この愛嬌のあるお顔も素敵!

imi | URL | 2011/07/08 (Fri) 22:45 [編集]


分かる気がします

ukbeatです。

ジェフさま、きれいですねぇ。
ふんわり・・ホワホワ・・・。
メアリーさまの写真を見ていると、心が落ち着きます。
ヒーリングですねぇ。

ピエールの剪定、とっても勉強になります。
わたしもこのまま伸ばしておいていいのか
非常に悩んでいたんです。伸びていると言っても
大したことがないので、切ると、完全にブッシュ
になってしまいますが、それでも”つる”ですもの
きっと春には伸びてくるんだろうな、と思って。

この週末、わたしもつるの枝の剪定をする日に
しています。バフもがっつり行く予定です。
アンジェラもかな・・・。

ピエール、あんなに咲いたら、うれしいわぁ・・・。

つる以外でも、剪定の大事さを痛感しています。
切れば、花が付く!と実家の父にも言ってます。
かわいそうで、切れないと言っておりまして、
まさに昨年の私でしたので^^

ukbeat | URL | 2011/07/09 (Sat) 07:23 [編集]


毎回勉強になります!

おはようございます~。

ということは、たった10ヶ月程で、一番上の写真のボリュームになる、ということなんですね!
この場合、冬剪定はどのようにされてるんでしょうか。
スミマセン、まだ過去記事読破至らずですv-16


実は、剪定に関しての情報がいろいろで毎日右往左往しております。
というのは、「バッツリ切る」と「葉を出来るだけ沢山残す」の両情報は相反してるように思えて、程度がわからないんです。
よく「バラは強いから剪定に失敗しても枯れないから」という記載を見かけますが、
ていうより「次花が咲かなかったら哀しい」というのが本音でしょうか。はさみを持つ手が迷いで震えます(^^;)

かめいち | URL | 2011/07/09 (Sat) 09:50 [編集]


v-254 imi様 ようこそ♪

人間の記憶って ホントあいまいなんですが
(特に最近…汗) こうして、写真とその時の思いを
ブログに残しておくと、すごく参考になりますねぇ~
ブログはじめて良かったと しみじみ思います。

小山内先生とは「お知り合い」ではなくて、
「私が一方的に尊敬してる先生」が正しいですv-356
単発の講習会に出てるだけですからね、
one of them them them なんですよ~
本当にわかりやすくて、コメントが的確で
お話するだけで元気をいただける
大好きな先生です!

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 10:11 [編集]


v-254 ukbeat 様 ようこそ♪

私も木立薔薇の剪定は 昔に比べると悩まなくなりましたが
つるの剪定は 悩みますwww
あとは、大御所 アルベルティーヌ様の剪定をしないと
いけないのですが、どうすべきか… 思案中です。

でも、ブログに去年の剪定写真を残してて
良かったなぁ~と思うんです。
これがなかったら、去年の思いなんて忘れて
また、チビチビ剪定をするところでした。

今年から、実家のお父さまの師匠は
ukbeat様ですね♪♪
きっと、優しいお父さんなんだろうなぁ~
お2人の会話が ブログから聞こえてきそうです♪

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 10:16 [編集]


v-254 かめいち様 ようこそ♪

勉強になるだなんて、とんでもない!
わたしも、修行中の身でありまする。
一緒に、滝に打たれてみる? (笑)

去年の写真みると、案外 ガッツリ切ってますよね。
で、おっしゃる通り、今年の春には あぁ~なったわけです。
本人(=ピエール)もビックリ 爆!

剪定について書いてあること、
最初のうちはバラバラに読めてしまいますよねぇ~
私もそうでした。で、ちょっと整理すると 薔薇の性質によって
剪定の仕方が大きくわかれます。

v-535 四季咲きの薔薇 (おもに木立バラ)
⇒秋にも咲かせたい 
⇒できるだけソーラーパネル(葉)を残して夏を乗り切る
⇒秋に咲く (軽く切り戻すと冬にも咲く)
⇒2月 休眠中に バッツリ切る
 (花が小さくなっても数が欲しい場合は 軽く切る)

v-535 一季咲きのツル薔薇
⇒次の春まで咲かない (四季咲きほど 葉にこだわらない)
⇒剪定は、冬が基本だけど、夏(7月中)に剪定しておくと
 風通しもよくなり 病害虫が防げる。狭いスペースでは夏ガッツリは有効。

 枝をバッツリ切ると、株元への日当たりがよくなるだけじゃなく
 バラの本能で「ヤバイ」と感じて 新しいシュートを出しやすい。

 夏にガッツリ切ったつるバラは、冬は葉を全部ちぎるのみで
 細い枝を ちょっと切るくらい。ほとんど切らない。


みたいな感じです~。


偉そうに書いてますが、
つい2年前までピエール様を夏に切ったことはなくて、
とにかく株を大きくしたいと 冬に弱剪定を続けていたメアリー。
その頃は、身体だけ大きくて、12輪前後しか咲かなくて
なんともさびしいものでした。
(その時はそれで満足してたんですけどね!)

震える右手を 左手で押さえて
レッツ! バンジー!!
(ただし、ジャンプおよび剪定は自己責任でね♪)

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 10:35 [編集]


おおおおおおおお!!!!!

物凄く分かりやすいアドバイス、ありがとうございます!!
まさにかゆい所に手が届いた感じです!

今読ませて頂いてる過去記事にちょうど「根力で咲かせるバラつくり」の紹介があり、そこにメアリーさんが
「初心者本には、やり方だけが書いてあり、『なんで?』が書かれていない。この本にはそれがある」と
書いてらっしゃいました。

ホントそうです。「なんで?」が一番重要なところですよね。
メアリーさんの記事にはその部分も、試行錯誤の行程もあり、
凄く助かります。
メアリーさんがウチと同じようなベランダの方でホント ラッキーですv-238
ありがとうございます!

かめいち | URL | 2011/07/09 (Sat) 12:58 [編集]


v-254 かめいち様 おかえりなさい♪

ちょっとはお役にたてて良かったですぅ~♪
「なんで」って大事ですよねぇ~
でも、知ってれば応用がききますものね。
ガートルードジェキル様は四季咲きですが
秋の花には期待していないので
この時期にガッツリ切ってます♪

これから、灼熱ベランダ地獄の季節になりますが
バラ様に負けないように 夏をのりきりましょうね♪

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 14:30 [編集]


はじめまして

こんにちは。
ピエールの剪定にビックリして
読ませてもらいました。
こんなに切っても春には凄い花付なんですね。
切る勇気の方が大事なんでしょうね。

アンジェラとかもガッツり切っても問題ないでしょうか?四季咲きのつるバラについて教えてもらえたら
ありがたいです。

バラ大好きさん。 | URL | 2011/07/09 (Sat) 16:10 [編集]


ありがとうございます♪

メアリーさんこんにちは!

ピエールさんの枝を切る話、すっごく寝耳に水でした~
真似させてください~
来年からの誘引のこと、実は悩んでいたところでした。
私も弱剪定しか考えていなかったのですごくいいこと教えて頂きました。
ありがとうございました。

ふみっぺ | URL | 2011/07/09 (Sat) 16:33 [編集]


こんにちは~
これは、ピエール様のような、一季咲きのお話でしょうか?
それとも・・・返り咲き品種すべてでしょうか?
写真が分かりづらく・・わたくしにはちょっと理解がしにくいのですが・・

先日・・玄関先のジャネットさま・・
新しいシュートが伸びてきていて・・古い枝が邪魔そうに思えて半分にカットして、新しいシュートを残しました・・。
まだ、すべてかっとしたわけではございませんが、今年咲いた後の枝も結構カットしました・・。

つる薔薇、ジャスミーナも一季咲きで売られていましたが、今は返り咲きになっておりますが・・
今年7本のシュートが上がって、6月の花後すぐに、今年の古い枝をすべてカットし、殆ど新しいシュートばかりですでに誘引しましたのです・・。
本来なら・・新しいシュートは、冬まで立てておいて、冬に誘引なのでしょうけれど・・ジャスミーナの場合は、冬まで待つと硬くなって曲げにくいのです・・。
それで、この春、その7本のシュートのうち、5本くらい残して、他の枝はすべてきりました・・。
もう来年まで咲かないでしょうね・・。
でも今年はこんな風に春から6月までに3mのシュートが上がりましたので・・こんな風にしましたの・・。
ERジャネットちゃんも、今すっごいサイドシュートが出ております・・。
屋根の上まで行きそうですわ・・。
これも悩みですの・・。

Violetta | URL | 2011/07/09 (Sat) 17:52 [編集]


なるほど~!

こんばんは。バラ様初心者のまぐのんです。

私の影響で、通勤列車内でバラの本を読むほどハマリつつある夫が、どうしても今冬にピエール様をお迎えしたい!と言い張っておりまして。。。
何せ狭いベランダ(マンション)なので、シュートが2メートル以上(?)になるというピエール様は無理じゃないかと反対していたのですが、今日のブログを読ませていただいて、「イケルかも?!」と思いました。
いつも参考になる記事をありがとうございます!!

ところでひとつ質問なのですが、この夏剪定のやり方は、ベイサルシュートもバッツリ切ってしまってよろしいのですか??
それともこれはやはりつるバラのセオリーとして、まっすぐ伸ばしておくべきなのでしょうか??
シュートも切ってしまって良いならば、もうこれはOKということで、夫の希望を叶えてあげられそうなのですが。。。
初心者の質問でごめんなさいm(__)m

まぐのん | URL | 2011/07/09 (Sat) 18:10 [編集]


ピエール

((φ(・д・。)ホォホォ
とても勉強になります。
園芸店でパタパタと尋ね聞くよりも、
初心者には、とぉ~っても良く理解できます。
本当にありがとうございます。
メアリー様のブログはバイブルでございます♪

我が家の場合ピエールをフェンスにしっかりと誘引しているのですが、
この場合も枝を外して剪定するべきなのでしょうか(´・ω・`)モキュ?
メアリー様、お時間ありましたら簡単なコメントで結構ですので
御教授いただけますでしょうか?
お暇な(たぶんいつもお忙しそう…)時がありましたらです。
m(o´・ω・`o)mペコリン

そうそう、今朝発見!([+]Д・)!
ピエールの二番花の蕾を(*'∀'人)ワォ☆
咲かせていいですよね?フアン…

サンデー | URL | 2011/07/09 (Sat) 18:44 [編集]


v-254 バラ大好きさん。ようこそ♪

初コメント ありがとうございます♪
ささ、暑いので冷たいウェルカムドリンクを
召し上がれ~v-272

私も つる薔薇の剪定については
まだ、試行錯誤中で、「これだ!」みたいな
自信はないのですよ~。
ただ、記事のように 昨年の花後剪定が 
いい結果につながったので 
今年は そのやり方を もう一度徹底してみようと思ったんです。

アンジェラ様は、お育てしたことがないので
お返事できません。ごめんなさいね…でも、
アンジェラ様を 2年で壁面いっぱいに見事に咲かせて
いらっしゃる方ならご紹介いたしますよ!

サイドバーのブログリンク欄の
「ROUCHEの額」のROUGE様に聞いてみられたら
いかがでしょう。
きっと、丁寧にお答えくださるとおもいますよ♪
販売店さまにご相談されてもいいと思います♪

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 19:12 [編集]


v-254 ふみっぺ様 ようこそ♪

ふみっぺ様も アーチ状に
枝を曲げて誘引されてましたものね。
この手が使えるかもしれませんね!

うまくいくことを祈っておりますよぉ!

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 19:14 [編集]


v-254 Violetta様 ようこそ♪

基本的に一気咲きのお話かなぁ~と思って
花ぐらし読みました。(今、探したんだけど本が見つからない!)
返り咲き品種でも有効だと思いますが
その年の秋花はあきらめることになるかと思うのです。

先生の記事は、アーチで年々茂るバラを 
どうやってコントロールするか…という話だったので
他の仕立て方であれば 
剪定方法も変わってくるかもしれませんね。

最近、もう少しおおらかに
剪定してもいいのかなぁ~と思うのです。
茂りすぎているなら、冬まで待たずに
古い枝から切り落とすとか…。

特にVioletta様のところは 環境もよく
上手に育てられているので
新しいシュートの日当たりを 古い枝が
邪魔するなら切る! ぐらいで
ちょうどいいのではないでしょうか。
Violetta様が書かれているとおりで
大丈夫だと思いますよ♪♪♪

ジャネット様 v-10 美しかったですねぇ!
violetta様はお悩みでしょうが
私は、屋根の上を覆う ジャネット様が
見とうございます!!!

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 19:23 [編集]


v-254 まぐのん様 ようこそ♪

えっと、ベイサルシュートは来春の花形役者!
絶対に切りません!!!(これだけは自信もって断言)

でも、ピエール様 ぜひお迎えなさいませ♪
四角いコンクリートのベランダ床置きで
まったく病気しないのは ピエール様ぐらいです!
強靭的な強さです。

御心配のベイサルシュートも、
一気に2Mのびたとして、大したことありませんよ♪
うちも、いろいろなツル薔薇さまが
毎年2M近いシュートを出しますがへっちゃらです♪
早めに曲げてあげてもいいし♪♪

地植えだと 大きくなるスピードも半端じゃないようですが
鉢植えは、鉢の大きさに合わせて大きくなりますしね♪

どうぞ、旦那様を喜ばせてあげてくださいな v-410

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 19:38 [編集]


v-254 サンデー様 ようこそ♪

きたきた! 私、きっとサンデー様にその質問を
されると思っていたのですわぁ~ v-411

小山内先生の記事は、
どうやって アーチを管理するかという
観点で書かれていたので 
フェンス仕立てだと 当てはまらないかもしれません。

ただ、サンデー様のところは
まだ、若いピエール様でしたよね?
フェンスを覆うことを考えて枝を伸ばしつつ、
「新しい枝に花芽がたくさんつく」ということを
頭に入れて 剪定されるといいかも。

例えば、4本のシュートが 毎年同じ長さだけ伸びたとします。
これで弱剪定を繰り返していると、お花の咲く位置が
どんどん 先のほうへ行ってしまうと思うのです。

なので、ある年に 2本だけはバッツリ3分の1くらいに
切ると、そこから伸びた枝に花が咲くので
フェンスの先のほうにも(切らなかった2本)
中間部分にも(バッツリ切った2本)花がついて
フェンスが花で覆われる…理論上はそんな感じ?

でも、実際は 図に書いたようにはうまく行きませんものね~!

「Maman's Garden~私とお花と芝犬と~」の、
さくらママン様とかに 聞きに行かれたほうが
いいかもしれません♪ あっこは本当に見事です!
(私もママン様の剪定記事、楽しみにしているんです!)

2番花 楽しみですねぇ~!
ラッキーチャチャチャ v-441

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 19:52 [編集]


初めまして

今日初めて拝見しました。頑張ってますね。

私もマンションのベランダでバラ栽培してます。
大きくなったのは、イングリットバーグマンと
ヘンリー・フォンダです。手すりの下が曇りガラス
なので、スタンダードローズにしています。

ところで、教えていただきたいのですが、マルチング
材ですが、生物で大丈夫ですか? 前に水ゴケで、
マルチングしたらすごく調子が良く、水やり減らせた
のですが、冬になってマルチングを取ろうとしたら、
根が入り込んで困ったことがあります。それ以来、
マルチングは非生物系にしています。

ベランダバラ栽培 | URL | 2011/07/09 (Sat) 20:28 [編集]


アルカリ性の土

もうひとつ、教えてください。

一般的には、バラの土は弱酸性のほうが好ましいとされていますが、
アルカリ性だとどうでしょうか?

今年購入した、パピデルバールとクイーンオブスエーデンがほとんど
といっていいくらい伸びないので、悩んでいます。水が足りないんじゃ
ないかとも思うのですが・・・

私の鉢バラは、赤玉中粒が7割、バーミキュライト2割、くん炭が1割
というかなり変則的な土の構成です。一応、ダイアジノンもまいて
ますが、コガネムシを避けるために、このような構成にしています。
問題は、土がすぐ乾くことと、土がややアルカリ寄りであることです。

ご経験がありましたら、教えてください。なお、いくつかのバラは、
このような構成でも伸びています。ナエマ、万葉など。

ベランダバラ栽培 | URL | 2011/07/09 (Sat) 20:37 [編集]


v-254 ベランダバラ栽培さま ようこそ♪

> 今日初めて拝見しました。頑張ってますね。

まぁ! ありがとうございます!
ささ、ウェルカムドリンクを召し上がれv-272

マルチングですが、私も非生物系しか使ったことがありません。
でも、ヒナタゴケや セダムを使って 調子が良い!
という方もいらっしゃるので、試してみたいなぁ~と
思っていたところです。

非生物系に比べて、生物系のほうが
薔薇株全体の湿度を うまく保てるような
気がしています。

でも、おっしゃるように根が張るものは
毎月の追肥のときにも 心配ですよね。

実は、コガネ対策として いくつかの鉢に
レンジフードの不織布を鉢表面にしいているのですが
生物系のマルチングを使うならば
この不織布の上に置いてみようかなぁ~
と思っていたところです。

深く根を張るものでなければ
不織布を ガバっとはがせばいいかもって♪
まだ、実際にやったことないので
お試しは これからです♪♪ v-411
お返事になってなくて すみませんww

もう一つのお返事、コメントわけますね!

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 21:44 [編集]


v-254 ベランダバラ栽培様 ようこそ♪ ようこそ♪

うちには酸時計がないので
アルカリの土だとどうなのか…わかんないですねぇ~
スミマセン!

でも、アジサイの色を見るかぎり
買ってきた時は真っ青だったのに
今はピンク色で咲くので、酸性の土ですねぇ~♪

私は無農薬栽培ですが
コガネは鉢表面に不織布や プラネットをしくことで
防除を心がけ、土は 馬ふんやバットグアノや
米ぬか発酵肥料など、有機物いっぱいなんですよ♪

特別、酸性になるように心がけている訳ではないですが
もし、御心配なら 木酢液の希釈水を
定期的に灌水されてみてはどうでしょう?

こちらも、なんだか
期待にそえないお答でごめんなさいねww

【追記】↓バジル様が 2つ下のコメントで
アドバイスしてくださっているので 良かったら
御参考になさってくださいね♪

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 21:51 [編集]


勇気がいるわ~アタフタ((ヽ(;´Д`)ノ))アタフタ

メアリーさん こんばんは!
(o^―^o)ニコ

なるほど~
ピエールさんなど
つる、半ツルは
ガッツリ剪定なのですね!

しかし、勇気がいるわ~
でも枝を更新させるのは
必要よね!
我が家のピエールさん
ガッツリ行こうかしら~
o(`・д・´)o ウン!!☆P

ミモザ1885 | URL | 2011/07/09 (Sat) 22:28 [編集]


え~と、セミナーで聞いた話ですが

皆様のご質問に類するお話があったので
一例としてご紹介させていただきます~♪

メアリー様がアーチの上部をバッサリ切られた方法は
「かつら取り」という手法で、オベリスクでも
アーチでもフェンスでも使える、ということです。

四季咲きバラでも、誘引位置いっぱいまで育ったバラは
かつら取りをして枝の更新を図ってもOK。春に
花をつけた枝は真中あたりで剪定すれば、また咲いてくれます
(花数は減りますが)

つるバラは生命力旺盛なので、思い切ってバッサリ切って
養う枝を減らし、肥料をたっぷり投入することで
シュートの発生率が高くなるんですって

ベランダ栽培様のコメントに横から失礼いたします~
赤玉土・パーライト・くん炭と、無機質資材だけで
構成されているのが、土が乾きやすくてアルカリに
傾きやすい原因ではないかと思われます。完熟牛糞堆肥を
おにぎりにして、鉢のふちに2~3個置くと、鉢の中の
アルカリ環境が改善されるかと。

冬の植え替えでは、有機質(堆肥など)を3~4割
混ぜてはいかがでしょうか

ダイアジノンなどの殺虫剤を適量使っていらっしゃれば
有機質を入れてもコガネ虫が壊滅的なダメージを与える
心配は少ないかと思います。

横から長々と失礼いたしました~カサコソカサコソ、、、 (_ _ヘ))))...

バジル | URL | 2011/07/09 (Sat) 23:25 [編集]


v-254 ミモザ様 ようこそ♪

勇気いりますよねぇ~

去年、ガッツリ切ったときには
えぇ~い、どうにでもなれ!
ぐらいの気持ちで切った気がしますww

ミモザ様、ファイト!

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 23:51 [編集]


v-254 バジル様 ようこそ♪

バジル様、詳しいお話ありがとうございました!
一部、抜粋して 本分に加筆させていただきました♪

かつら取り! それそれ!
その言葉がどうしても思い出せなくてww

これまで、先生の予言は ことごとく
的中しているので 
何も案ずることはない…
そう 自分に言い聞かせても
アーチの上部をガッツリ切るのは
なかなか勇気がいりますねぇ~!!!

今年もよいシュートに恵まれますように v-421

メアリー | URL | 2011/07/09 (Sat) 23:55 [編集]


コメントありがとうございます。

木酢液だったら降りかけるだけだから、簡単にできそうですね。

堆肥だと冬まで待たなければならないかもしれませんね。
どっちにしても今年の秋はもうあきらめてます。

追加でひとつ教えていただきたいのですが、ツル系のバラは、
水分要求量は多いですか? 私のところの鉢は水不足がわかり
にくいので、ツル系以外のバラと同じ水やりしているのがまず
いのかなと思っています。

ベランダバラ栽培 | URL | 2011/07/09 (Sat) 23:56 [編集]


v-254 ベランダ栽培さま こんばんわ!

コメントの加筆、間に会って良かった!!

そうですね。旺盛に茂っているバラ様は
それなりに水分要求量が多いと思います。

ただ、「これは すぐに水切れするなぁ」
と思ったバラ様は、年度途中に鉢増しします。
なので、私の水やりは どの鉢も同じように
午前中1回です。

鉢増しできない場合は、
冬に保水力のある土に変えるか
上部をカットして株のサイズダウンでしょうか…。
でも、大きく育てて たくさんお花をつけたいのが
ロザリアンの夢ですよねぇ~♪♪

バラ栽培は、土替え・鉢増し…体力勝負ですね♪v-91

メアリー | URL | 2011/07/10 (Sun) 00:07 [編集]


講義

メアリー様
今回はまるで講義のような場ですね♪
教室で学生仲間と授業を受けている気分になりました。
ホントですよ~♪
懐かしい~
そして、もうお一人の教授バジル様登場♪

ブロ友様へのご質問のお薦めも含め、
御教授どうもありがとうございました。
今日は、アイスバーグの花が見えるよう鉢を回転させないと♪

サンデー | URL | 2011/07/10 (Sun) 08:58 [編集]


メアリーさん こんにちは!

実は 昨日 この記事を読みまして

さっそく 剪定してきました。

ピエール・アルベルティーヌ・バフビューティ

カーディナルリシュルユー・シェパーデス・などなど

四季咲きについては シュート更新があったものについては古い枝を 根元からばっさりしておきました。

風通しも良くなって ぎゅうぎゅう詰めの我が家のバラたちも 少しは呼吸しやすくなったかもしれません^^

バジルさんの ご教授もとても参考になりましたよ^^

ありがとうございます。

でもね、やっぱり 改めて メアリーさんって
すごいなって思ったわ。

このベランダで これだけの花が咲かせるってことは
お手入れと メアリーさんの愛情がバラにきちんと
伝わっているんでしょうね^^

三日月 | URL | 2011/07/10 (Sun) 13:41 [編集]


v-254 サンデー様 ようこそ♪

汗・汗・汗v-356

つる薔薇の剪定は、私もまだまだ修行中なので
ピエール様の記録を残しておこうっと思っただけの
記事だったのですが

思わず、皆さまの 質問が殺到し 滝汗v-356

それだけ、皆さま 悩まれているということですね~

ピエール様をお迎えした者どうし、
また、情報こうかん させてくださいませ v-343
よろしくお願いしま~す♪

メアリー | URL | 2011/07/10 (Sun) 15:43 [編集]


三日月さま ようこそ♪

おぅ! 仕事が早い!!
この時期は、バラ様の代謝が活発なので
太い枝の切り口は 枯れこまないように
消毒しとくといいですよぉ。

広々とした土地で、のびのびと育てられるならば
冬まで 伸ばしておくほうがいいんでしょうけど
ベランダや、小さなアーチではそうもいかず…

でも、つる系の剪定は、
まだ 今一わからないんですよねぇ~
アレコレ試して 自分ちにあったやり方を
見つけるのが 課題です~ww

メアリー | URL | 2011/07/10 (Sun) 15:59 [編集]


紫陽花が赤くなるのがアルカリだべぇ~

酸性だと青くなるざんす

かっぱ | URL | 2011/07/10 (Sun) 19:20 [編集]


バッサリ・・・が、キモなんですね。

メアリーさん、こんばんは。
もう、毎日猛暑日が続いて、早くも、夏バテ気味です、フゥ。
と、云ってる場合じゃないんですね。

一季咲きのつるばらを豪華に咲かせるためには、夏剪定で
バッサリ・・・ですか?
ううっ、勇気がいりますね。私も、ちょっと前までのメアリー
さんと同じく、つるばらは、枝を長ーく延ばすことで、株も
充実するし、花も一杯咲く・・・と、今の今まで思い込んで
いました!! そうですか。バッサリ・・・出来るかな?

でも、バラ名人の師匠のお言葉ですもんね。
ああっ! 若輩者は、悩むなぁ。

minmin | URL | 2011/07/10 (Sun) 19:33 [編集]


v-254 かっぱ様 ようこそ♪

ゲ! ∑(`艸´;) そうだったんですね!
私、リトマス紙と 同じだと思ってましたwww!

ギャー、急に心配になってきた。
酸時計買おうかなぁwww

メアリー | URL | 2011/07/10 (Sun) 19:41 [編集]


v-254 minmin様 ようこそ♪

ほんとうに勇気いりますよね。
私も、何度も去年の写真をみて
「大丈夫、大丈夫、大丈夫!」
と 言い聞かせて ハサミを握りましたもん!

ずっと 枝先剪定なら
ガッツリ切ると効果あるかもしれませんね。
でも、太い切り口は 枯れこまないように
カルスメイトのようなものか
トップジンなどで 消毒してあげてくださいね♪

メアリー | URL | 2011/07/10 (Sun) 19:52 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)