ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

今年の発酵の様子♪ @友情の形は…

【追記】今朝の発酵状況追記しました。
     記録のために、しばらく、発酵温度だけ追記を続けていきますね。あしからず!

今日もメアリーのベランダにあそびに来て下さって
ありがとうございます♪

今日は、前回の続きで 今年の米ぬか発酵肥料の
発酵の様子を まとめて書きとめておきたいと思います。
 
スタート

11月26日夕方 
仕込み直後の温度は17度。

えひめAIの希釈液を使ったので
すぐに発酵が始まるかと思いきや
この日は動きはありませんでした。
 
1日目





11月27日 朝 動きなし。

仕込みから丸1日たった夕方、
温度を確認すると44℃♪

いい感じで
発酵が始まりました!

ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
切り返し♪ 切り返し♪

2日目



















11月28日 朝 仕込みから2日目

なんとハバネロを入れたわけでもないのに
50度に

去年、菌種としてバイオポストのみを使ったときには 
40度前後で推移していましたから、かなり高めです!

切り返し! 切り返し! 切り返し!




あ!
しまった! 温度計のメモリが50度までしかないwww


一般的に60度を超えると 菌の大部分は死滅するので
60度を超えないように気をつけないといけないのに
これじゃ、50度こえててもわからないwww><

そして、翌日 11月29日

菌糸
↑click on↑

温度は相変わらず50度ですが
表面に うっすらと綿菓子のような 白い菌糸がはっています。

ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

善玉菌さまは ご健在のようです♪♪♪
よかった? (っ´∀`c)キュンキューン

●11月30日 40度。

●12月1日 25度まで温度がさがってきました。
ほんのり、あたたかく、水分が飛んでサラサラの状態になっています。

ほぼ、発酵終了と思われますが
思い出したように発酵が始まることがあるので
少しだけ水をふりかけてみて
もうしばらくは、1日1回切り返しを行います♪ 

【↓ 追記 ↓ 】
●12月2日 45度 やっぱり再発酵が始まりました!
「終わったかな」と思ったところで さし水を一振り。
温度があがらなくなるまで、確認したほうがいいですね♪

●12月3日 41度
水分はすっかりとんで、発酵の甘い臭いも落ち着いています。
もう一度だけ、水を振ってみます(コップ1杯程度)

【↑ 追記 ↑ 】

ところで、


←今年メインで使用した 
 バラの家様のニーム核油粕。
 
 去年使った HCの激安ニーム核よりも、
 焦げたようなニーム独特の臭いがきついです。

 これが本当のニーム核の香り?!



でも、その効き目のおかげか ここにくるまで、
コバエ殿は1匹も目撃していませんよ♪ キラーン(+・`д・´)ノ

寒いので コバエ殿も外出を控えているのかもしれませんけどね 

発酵肥料に挑戦するなら、やはり冬ですね! 



←挑戦してみたいけど
 材料をそろえるのも結構大変…
 
 そんな方のために、
 ブルーミングヤード様が
 こんな基本キットをだされてました♪



なれてきたら、色々アレンジしてみるのも楽しいですが
最初は、こういうキットがあると安心ですよね 

無農薬でのバラ栽培を応援されている
ブルーミングヤードの上内様。

どうして、こんなにも熱く無農薬での薔薇栽培を応援されているのか、
その思いを バラ生産者の視点から ご自身のブログに書かれています。

     ↓↓↓↓↓

人生は すbaraしい!
ブルーミングヤード様のメルマガ登録をされていない方、
お時間のあるときに ぜひ、こちらもお読みくださいね♪


無農薬でバラを育てたいと思われている方、
せめて減農薬でと思われている方、

自分と似たような環境でバラを育てている
先輩が載っていたら 
何かヒントがつかめるかもしれませんよ♪

ブルーミングヤード様なら
送料無料・ポイント10倍!



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加してます♪ 
                          
人気ブログランキングへ
←感謝です (´・∀・`)ノ


ここからは 友情の形は… です。
読んでいただける方は「続きを読む」からお願いします。

棘1


以前、 「友情の形」 という題で 
ハズバンドとその友人のことを書きました。

多額の借金から破産してしまったハズバンドの友人。
裁判所の判決が出て、再生計画が送られてきました。

事業に失敗したなどの いたしかたない借金の場合には
法的な破産が認められるようですが、
彼は破産することを認められませんでした。

裁判所から送られてきた文書を見ると
借金の総額を約3分の1に減額し、
それぞれの債権者に5年がかりで返済していくという内容。

3分の1といっても…
年収の3倍はこえる金額だと思われます。

自分たちに置き換えてみたときに
これからの5年間は 歯を食いしばって
生きていかなければならないということは
安易に想像できる内容でした。


友人として 私たちが決意したこと――――――――――――

それは、彼が決められた計画どおりに
歯を食いしばって 返済しきることを信じて
沈黙のまま応援しつづけるということでした。

もともと、返ってこないものと思って貸したお金です。
返済を辞退して「俺たちの分はえぇから、ガンバレよ!」
と、いうこともできました。

でも、それを言ってしまうと
親友として お互いを信じる気持ちに傷がついてしまう。
私たちはそう考えました。

家族と一緒に暮らせているのかどうかもわからず、
きっと、苦しい立場に追い込まれている親友に
励ましの声をかけてやりたい。

でも、声をかけてしまったら
「親友を信じて決意したこと」まで折れてしまいそうになる。

それは親友を大切に思えばこそ、できないことでした。


「5年。5年かぁ…長いなぁ。
 
 長すぎる… でもなぁ…」


そう言って、なんども言葉を飲み込むハズバンド。
彼もつらい思いをしていました。


しかし、沈黙の応援は 突然に断ち切られました。



1回目の返済日 ――――――――――――――――――

5年かけて返済するはずの金額が、
全額 指定口座に振り込まれていたのです。

意味がわからず、
裁判所から送られてきた返済計画の文書を
何度も読み返しましたが 間違いありません。

友人は、5年かけて返すはずの金額を
弁護士にかけあって 

いの一番に 友達である私たちに返しきることで
「すまない」という気持ちを伝えたかったのです。



「久しぶりやな、元気か?」
「家族とは 離れ離れになってないか?」


「これから まだまだ大変やけど、家族だけは大事せなあかんで」
(奥さまと電話を代わって)
「こんなやつですけど、これからも支えたってください!」


「え! もう息子は高1か? 
へぇ?、お前に似て足早いんや!」



「しばらくは、一緒に遊ぶわけにはいかんけど…
 また、一緒に飯でも食おうか。」




これまでの長く重たかった沈黙が
電話の向こうとこちらでつながって
笑顔の言葉が 次々に湧いてくる。

友情の形は その時々で いろいろに変わっても
中身は高校生の頃とかわらない。



ハズバンドと私にとって
今年いちばんの嬉しい日となりました。


前回の記事を読んでくださった皆様に 
どうしても このことをご報告したくて書きましたが 
コメント欄は閉じさせていただきます  



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
←メアリーのブログを応援してくださる方は
 この薔薇マークをぽちっとクリックお願いします♪

  (´・∀・`)ノ バラ栽培ランキングに参加してます♪ 
                          

  いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
        皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています

関連記事

PageTop