ベランダでバラのコンシェルジュを目指して

 
【お知らせ】 過去記事やコメントの一部で、「~」が「?」に誤変換されてますが 
        気にせず、脳内変換して読んでくださいませ♪ コメントも歓迎です♪ 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop





秋の薔薇さまに異変!!!

秋の薔薇さまに異変!!!!! 

連休中、更新していなかったのに こちらのブログへ遊びに来てくださった方々、
本当にありがとうございます。久々の更新ですが、本題の前に少しだけ…

みなさま、秋の連休はどのようにお過ごしでしたか?
行楽地へ行かれた方、お仕事だった方…
私は、近くの公園へこのようなものを拾いにいきました。

風物詩

この 秋の風物詩、なんだかわかりますか?
(ご存知ない方は、記事の最後に 「変身後の姿」を答えとしてご用意しています♪)

うちの近くには木々がたくさん生えた公園が たくさん点在しているのですが、
私たちが訪れた公園の隣で スズメバチの襲撃があった! という
ニュースが流れていました。

行楽地に行かれるときは、どうぞ自然の脅威にお気をつけくださいね。

棘1
さて、本題です。

9月初旬に夏剪定をして サッパリしたベランダも、
だんだんに新芽が伸びて 葉が込み合ってきました。
毎朝、昨日よりもグンと枝葉が伸びているのを 見て回るのが楽しみです。

が、賑わってきたベランダに いくつか異変を発見しました。

異変その1  肥料過多の奇形つぼみ?  

この写真は、今朝 撮った モンテローザ フォーエバー様のつぼみです。

2つのつぼみ

よく見てください。右のつぼみが 普通のつぼみです。
左のつぼみは 額が巨大化してて、つぼみもメタボぎみです。
どのくらいメタボな感じなのか、横から見てみると…

2つのつぼみ2

ギャー ?(゚Д゚ノ)ノ  ず、ずいぶん お太り気味でございます。

前々回、追記でお伝えしたように、
私は、先日、普段 追肥には使わない粉末肥料を追肥に使い、
分量を間違って規定量の倍以上の肥料を与えてしまいました。

3日後に気がついて、すぐに鉢の表面の肥料を取り除いたのですが
間に合わなかったのでしょうか…
┣¨━━━━(*゚Д゚*)━━━━ン
このつぼみは、どんな花になるのでしょうか???

バラを初めて2年目の頃、グリーンアイスに肥料をあげすぎて
肥料過多の症状が出たことがあります。どんな花になったかというと…

名称未設定-2


(再現スケッチ。少しオーバーですがこんな感じ!)
 
花の中心から蕾が出て、もうひとつお花が咲く…
ひっくりかえるほどビックリしました。
まるで、エイリアンのようなお姿でしたwwww



どんな恐ろしい病気にかかってしまったのだろうと思って調べたところ
「プロリフェラ(貫生花) 」という現象で、中世ヨーロッパでは おめでたい兆しとされたとか…

病気ではなかったので、肥料を控えたら もとにもどって一安心しましたが
できれば 普通のバラ様であってほしいです。

今のところ、このようなつぼみが出ているのは
モンテローザ様の「不思議ちゃん」 1つだけですが、
どのようにお咲きになるのか 注意深く見守りたいと思います。

【9月29日追記】
ブログにコメントくださった三日月様より、プロリフェラの写真を見せていただきました。
こちらの記事の中にあります! 赤い、プロリフェラですwwww →
花の中から蕾?

【10.6.1 追記】
バルコニースタイル様より、メアリーが見たのと同じ光景のお写真をいただきました!
まさに、メアリーが見たのはこれ! 花ではなく、中心から葉が出ることもあります。

慣生花



棘1

異変その2 うどん粉病

あぁ?! しまった! 夏剪定のあとに、予防をしておくのを忘れていました!!!

バレリーナ様に パラパラっと粉をかけたような葉っぱが2?3枚… うどん粉病の初期症状です。

私は、無農薬・有機栽培を目指しているので、めったなことでは「農薬」は使いません。
ベランダは雨があたらないので 病気になりにくく、
7年間 バラの大敵・黒点病も出ていません。
唯一、悩みの種がうどん粉病です。

うどん粉病の対策として 私がやっていることは以下の通りです。
●3月の予防にはアグリチンキとニームオイル
●うどん粉が出てしまったら 葉にはアグリチンキ、花首にはイソジンガーグル3倍液
▲夏剪定のあとにも 予防を入れればよかった(反省)

アグリチンキは、京阪園芸で強くすすめられて使いはじめました。
殺菌・防虫効果が高い100%天然成分の植物活性剤で、
公的機関で人畜無害が証明されているということで、無農薬派には嬉しいモノです。

 アグリチンキについて、もっと詳しく知りたい方はここをクリック!→ アグリチンキ詳細

イソジンガーグルのほうが 感触としては殺菌力が強く 効果絶大なのですが
消毒のにおいがきつく、イソジンの色が残ることがあります。
アグリチンキは、その点 においが やわらかく、色が残ることはないので
葉面散布に向いています。

アグリチンキ

今回は、バラ苗購入時にオマケで
もらった木酢液があるので、
アグリチンキに 木酢液をまぜた
濃い目の液を散布しました。


散布するのは、
お肌が弱いバラ様だけ です。





昔は、すべてのバラ様が ずぶぬれになるまで
木酢液やら、緑豊やら、何やらいろいろ定期的に散布していましたが、
イングリッシュローズのように強いバラ様は、定期散布しなくてもぜんぜん病気になりません。

そこで、3年ほど前からは お肌が弱いバラ様だけは 徹底的にチェック!
初期症状が出たらすぐに、アグリチンキで お肌ケア!
という対策をとっています。

ちなみに、当ベランダで敏感肌のお客様は
バレリーナ様、モンテローザ様、アッシュウェンズデイ様、
そしてイングリッシュローズの中で唯一、セントセシリア様です。

今のところ、バレリーナ様だけしか発症していませんが、
このタイミングで、他のお3方も予防散布をしておくことにします。

しずく2
雨にぬれることのない葉に、この時だけは 美しいしずくが光ります。

皆さんは、うどん粉病 どんな風に対処されていますか?
ぜひお聞かせくださいね♪♪♪
 
うどん粉に効く無農薬お助け活性剤を使ってみたいなと思われた方は↓こちらからどうぞ♪    
                                      アグリチンキ36

(イソジンガーグルは、お近くの薬局で! 季節がら、お早目にご準備くださいね♪)


では、最後に 秋の風物詩が 一皮むけて変身したお姿を お見せしましょう!
答えをみたい方、いや 答えは見なくても知っているというあなた様も
下のバラマークを ポチっとクリックお願いいたします♪



←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
... よろしければ ぽちっとクリックよろしくお願い致します




今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。(おじぎ)

スポンサーサイト
PageTop





アブラムシはキラキラがお嫌い?!

今日も 当ベランダに遊びにきてくださって ありがとうございます♪

先日、インフルエンザの件で ご心配おかけしましたが
学校も再開し、みんな元気に登校・出社しております!
(1クラス欠席15人も出てるそうですが、再開です。苦渋の決断ですね…)

そして、芋虫にムシャムシャ食べられてしまった アンブリッジ様が
なんと、今朝 咲いておられました!!!

アンブリッジ

裏からみるとかなりボロボロで…痛々しい姿ですが、
よくぞ咲いてくださいました! よう、がんばった!
この強さに 拍手を贈りたいとおもいます。 パチパチパチ!!

このバラ様をお迎えしてみたいなぁと思われた方は、どうぞこちらから…アンブリッジローズ


棘1

さて、話は変わりますが、みなさん
アブラムシ様はキラキラがお嫌いって聞かれたことありますか?
(虫の話が続いてて、ゴメンなさい!!)

季節的に、今は見かけませんが 春に必ずやってくる 迷惑なお客様です。
あら、いつのまにこんなに枝が太くなったのかしら…と思って近寄ると
びっしりアブラムシがついていた!!! 
なんてこともありました 


サンビーム防虫シルバー

昨日、HCにいったら こんなものも売ってました。
支柱に結束するテープです。
このキラキラでアブラムシを撃退するみたいです。


バラ様がアブラムシで枯れるということはありませんが、
うどん粉病の感染拡大につながりますし、
大発生するとベランダが体液でベタベタになってしまいます

できれば、丁重にお断りし、お引き取りいただきたいお客様です。


 アブラムシ様がキラキラを嫌うという話は色んなところで聞きますが
 今、私がはまっている 根力で咲かせるバラつくり
 にも書かれていました。



著者の方は、アブラムシ対策としてアルミの板をバラ庭の通路に敷いたり、
バラの株元にサンサンネットというアルミの糸が入ったネットを敷いて
アブラムシを寄せ付けないようにされているとか。
(サンサンネットについて興味ある方は下線部をクリックしてね!)

ベランダには、アルミ板なんて敷けないし、
地植えではないのでサンサンネットまでは必要ありません。
でも、オルトランを バラ様に使うのは嫌だし…

そうだ! キラキラがお嫌いなら、こんなのどうかしら 


名称未設定-1

                     (この画像はフィクションです)

おっほっほっほ! 気の早いクリスマスのようでございますわね! 
ありったけのスワロフスキーと宝石で バラを飾れば、
ゴージャス&アブラムシノックダウンで 一石二鳥!

…といっても、 宝石なんて うちには1個もないし、泥棒が来てもいけません。

あ、そうだ! いいことを思いつきました 

これなんか どうかしら!

IMG_2801.jpg


通信教育についてきたCDとか、
古いDVDとか、
た?くさんあります。







名称未設定-1

こんなふうに、
ハサミで
一か所切って…

(あら、すみません、
 剪定ハサミだわ。
 思いついたら、スグ!
 やってみたくなるの。
 ゴメンあそばせ!)




IMG_2803.jpg

ほら! 小さな 新苗には
ピッタリサイズ!  

キラキラ、キラキラ鏡のように空を映して 光っています。
一番きれいなのは だぁ?れ? ん?! 正直に言ってごらん!!  

で、大きなバラ様用には CDを2つに切っちゃえばヨシ!

大きなバラ

でも、これだと水をあげたときに土にうもれそうだし、
大きなバラ様には、ちょっと物足りないかもしれないわねぇ…

じゃ、こうする?

IMG_2807.jpg

どうだ、これで ハトも寄り付けまい!ヾ(●^▽^●)ノ♪ 
 

                                   (この画像はフィクションです)

…これじゃまるで、ちょっと変わった七夕ですわ。
ここまでするのはヤメたいと思います。

でも、いらないCDで アブラムシが寄り付かないなら、嬉しいわ!
ちょうど、花台がくぼんでいるので、鉢と鉢の間にも忍ばせておこうかしら。

なんせ、今日、思いついたことなので 効果のほどはわかりませんが
面白そうなので、やってみます♪

今日も、私のお遊びにつきあってくれてありがとうございました m(_ _)m

そりゃぁ?面白そうだと思われた方も、
アブラムシなんて オルトランに決まってるじゃないと思われた方も、
ついでに ↓このバラマークをポチっとクリックしてくださると嬉しいです♪




←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
... よろしければ 応援ポチ お願い致します♪




           いつも、こっそり応援してくださってありがとうございます。
            皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています

PageTop





情報求む! ミミズは鉢バラの見方か敵か?!

いつも、当ベランダのお花を見に来てくださってありがとうございます。

でも、今日は ちょっとお写真にできないお話なんです。
文字ばっかりじゃ しんどいかなぁ~と思って、関係ない挿絵を入れてみましたが
気にせず、最後まで読んで くださったら嬉しいです♪

先日、ちょっとはずれにある小さな本屋さんによったら
楽天BOOKsでは売り切れていた、「NHK趣味の園芸 10月号」
まだ たくさんありました!

目当ては、「イングリッシュローズの秋の鉢替え」。

一般的には、鉢替えはバラが休眠している 1月~2月初旬に行いますが、
秋のうちに根鉢を少しだけ崩して植え替えておくと、
休眠するまでに根を張り、春のスタートダッシュが違うという記事でした。

どのくらい土を落とすのか、肥料はどのタイミングで どんなものを与えるのか…
など、写真入りで詳しい手順が書いてあって 非常に興味深い記事でした。

同様の記事は、以前にも読んだことがあったのですが
シロート・メアリーは、ずっと 「寒さに耐えて植え替える」を実践してきました。
だって、シロートだから。

秋に鉢替えするというのは、おそらく かなり斬新な方法で
あるナーサリーの方は

    秋花がついているうちに鉢替えするなんて
  マラソンしながら手術を受けるようなものだ 
 


とおっしゃっていました。根の活動期に根を扱うわけですから、そうですよね。
 
  ここでいう鉢替えは、根鉢を崩さずに行う「鉢増し」ではなくて
    根をある程度整理して、土を入れ替えることをさしてます。


でも、私がバラにはまった頃は、
「鉢替えの時には根を洗う」が主流だったのに
最近の本では「根を洗うと ダメージを受けやすいので、洗わなくてよい」
と書いてります。バラの栽培方法も 日々進化しているんですね♪

もしかしたら、5年ぐらいしたら「秋の植替え」が主流になっているかもしれないし…

一鉢だけ、小さいバラ様でやってみようかな… (やってみたい病発症)
スリット鉢に変えていない鉢が1つあるし…
いざ、実行です!  こわいから 1つだけ…です!

棘1

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題。

炊きたてのご飯にするように、鉢の内側にそって細い棒をグルっと一周まわして、
鉢をひっくり返したら、スッポン!

( ´・д・)ンアレ? ぬけません。

スッポン! スッポン! スッポン!

'`ァ'`ァ (*´Д`*) '`ァ'`ァ 
私ばっかり、スッポン!って言って、叩いても振っても ちっとも抜けません。
 
こうなったら、じい様と、孫と、犬と猫とネズミを呼んでくるか?!
 (←うちの子たちが大好きだった絵本です)

おかしいなと思って、鉢の底穴から 指を入れたら (д)ァン?
ねちょっとした感触。

まるで粘土です。
鉢土が ぜんぶ粘土のようになっています。

ビックリして、かき出した土からは みみずのオッサン がいっぱい!

(←うちの子たちが大好きだった絵本です)


粘土の正体は、ミミズのふん、ミミフンですわ!!
(ミミズ育ててたことがあるので、わかるんです

ミミズは、「畑の宝」といいますよね?

なので、鉢替えのときに見つけたミミズは、必ず鉢にもどしていました。
特に、14号以上の大きな鉢は ミミズ様に耕してもらおうと思って
わざわざ、近所の子供たちがとってきてくれたミミズを 放り込んだりしてました。

でも、ふかふかのはずのバラ様のベッド(=鉢土)が 粘土化してる…
┣¨━━━━(*゚Д゚*)━━━━ン

もしかして、ミミズは鉢バラの敵なのでしょうか?! 

この件について、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください!
あ、みみずの件にかかわらず、コメントは どうぞお気軽に♪ 



さて、ドロドロしたお話ばかりでしたので、ちょっとお口直しを…

黒蝶

今朝、カットした  ダリアの黒蝶 です。とても存在感のあるお花ですわ。



春頃、他所様のブログで 素敵なフランシス・デュブルイ様を
お見かけして、ぼんやり HCをうろついておりましたら 
黒蝶の苗がカゴに入っておりましたの。 
おかしいですわ、記憶が…おっほっほ



今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございます。
ついでに↓をポチっとクリックしていただけると嬉しいです


←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
... よろしければ 応援ポチ お願い致します♪




           いつも、こっそり応援してくださってありがとうございます。
            皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています


PageTop





ER ザ・プリンスへのざんげ…ミミズと鉢バラの関係

不定期更新なのに、今日も当ベランダに遊びに来てくださって ありがとうございます♪

先日の記事、「情報求む! ミミズは鉢バラの味方か敵か?!」では、
たくさんの情報をいただき 本当にありがとうございました 

おかげで、私の中の断片的な知識と事実がつながり、
メアリーなりの結論がでました。

今日は、問題のミミズ鉢に植わっていた、ER ザ・プリンス様の
最近の様子をお見せしながら、
ミミズと鉢バラの関係」について 考えたいと思います。

まず、ミミズの話をする前に、バラの栽培スタイルについて。

バラの栽培スタイルは人それぞれで、環境や価値観に応じて
いろんなやり方があってよいと思います。

その中で、私の目指すバラ栽培スタイルは、

● ゆるやかな無農薬 ←できるだけ、マスクしないと散布できないようなものは使わない。
● ローメンテナンス  ←鉢替えを極力しないということです。
                省力化ということもありますが、有機栽培で微生物の多い
                環境を整えれば、土の劣化が少なく バラも根をいじられることなく                
                お互いにとっていい関係を保てるはずだ…と信じているからです。 

この2点を軸にして、いろいろ試行錯誤してきました。

目指すバラ栽培スタイルへの第一歩は、
有機物が豊富なフカフカの土にすることでした♪


ベランダは風が強く、とても乾燥しやすいです。おまけにスリット鉢!
なので、植替えの時期には、牧場から取り寄せた馬糞堆肥を大目に配合して
有機物満点で保湿性の高い土にして植え替えていました。

この馬糞堆肥は、バラを植えるために作られたもので
植物が育つ上で重要な善玉菌などを考慮されているものです。
そのため、サラサラの乾燥馬糞堆肥と違って 湿った状態で届きます。

これを使うと、いつまでも鉢土が柔らかく、バラには最高だと思っています。 

そして2年前、この馬糞堆肥にミミズが数匹交じっていたので
「そうだ! ミミズの糞は園芸店で売っているぐらいだから、ミミズを飼ってみよう!」
と思い立ち、ミミズの飼育をスタート!

今 思えば これが シマミミズ君でした。

生ゴミをよく分解してくれて、あっという間に数も増えました。
1年たち、ミミ糞がいっぱいになったので
今年の春に ミミ糞を バラ鉢の上に少しづつ置き肥し、
増えたシマミミズ君も 少しづつ 鉢に入れてあげました。

ミミ糞もシマミミズ君も 鉢土をよくしてくれるはずだ!  

と信じていたからです。これが間違いの始まりです

特に、大好きな ER ザ・プリンス 様には、他の鉢よりもたくさん… 入れてしまいました。

プリンス2009春
 2009 春 シマミミズ君をいれたばかりで、影響なくよい花が咲きました。

春にシマミミズ君を鉢にいれて 約半年。
先日、ご報告したとおり、プリンス様の陶器鉢の土は
粘土化してガチガチに固くなり、
底のほうはベチャベチャどろどろ?。

加湿状態で根は黒くなり、根量も少ない。ドーシヨ<(゚Д゚ll)><(ll゚Д゚)>ドーシヨ
粘土質の土をかきだしたら、根鉢どころか裸苗!
(うろたえてしまい、根の状態を写真に撮るの忘れてしまいましたよ!)
 
ザ・プリンス様、ごめんなさい!  ┣¨┣¨┣¨(゚Д゚;)ドーシヨ
私がよかれと思ってしたことが、裏目に出てしまいました?!!!!!

9月28日
 9月28日 夏剪定から20日で開花。気温が高いせいかピンクっぽい色でヒラヒラしてます。

シマミミズ君は、長生きするミミズらしく 10年生きるものもいるそうです。
しかし、かなり湿気の多いところじゃないと生育できないため、
高畝の畑などには ほとんどいないと聞きました。

数年前から、少しづつ 通気性のよいスリット鉢に替えていましたが
ザ・プリンス様は、黒い陶器鉢のまま。
だって、黒い鉢がお似合いだったのですもの?

底穴1つの鉢だったのに、スリット鉢と同じく 「保水性を高めた土」で
植え付けていたので、湿土を好むシマミミズ君には 
ひんやりとして 居心地が良かったのでしょう…

やっぱり、見栄えより健康です! すぐさま、スリット鉢に植替えました。

10月18日
 10月18日 さらに20日後 いい色で咲いてくれましたが…

あぁ?ん、急に他の鉢が心配になってきました…( ´д`ll)

F様式の秋の植替えは、プリンス様の1鉢だけのつもりだったのに…

もう一鉢、陶器鉢のバラ様がおられることを忘れていました。

青い陶器鉢に白い花が美しい、ER グラミス・キャッスル様。
前回の植え替えは、時期も土も プリンス様と同じです。
春にミミズも入れました…

冬まで待てません! 見栄えより、健康!!!

さっそく、グラミス様の株を抜いてみたところ
こちらは 細い白根がびっしり。 土もフカフカです
ミミズ君もいません。

10月18日 コインと
 9月28日 1円玉と同じ大きさのコインと比べると、大きさはこんなもん。小さめです。

何が違うのだろう…底穴の大きさかしら?

鉢穴の比較

グラミス様を植えていた鉢は、底穴がかなり大きいですよね?
この穴のおかげで 通気性が保たれて
シマミミズ君が住みづらい環境だったのでしょうか?

だとすると、同じ土で植替えし、ミミズをいれた鉢でも
通気性抜群のスリット鉢は 大丈夫のはず σ(゚、。)???

見てみないと 気がすみません!
続いて、プリンス様と同じ時期に 同じ土でスリット鉢に植え替えた 
ER アンブリッジ・ローズ様の鉢土診断をしてみました。
(もちろん、春に ミミ糞とミミズ君をいれました)

大丈夫です! 白根ビッシリで土はフカフカ 
→ギー!! 写真とったのに、またしてもメモリーが入ってなかった ヾ(#`Д´#)ノ !!

ミミズ君も 1匹もいません。 

あぁ?良かった *゚。+(n´v`n)+。゚*

おそらく、この3鉢の状況から考えて、他のスリット鉢のバラ様には
シマミミズ君が大発生していることはないと思われます。


プリンス秋
 昨年、1月に馬糞投入し 11月に咲いた花。目指していたのはこのお顔!

誤解がないように言っておきますが、
シマミミズ君が悪いわけではないのです。
生ゴミを きれいに分解してくれるし、
多くの方が その糞を 家庭菜園に使っておいしそうな野菜を収穫されています。

ただ、「鉢」という限られた土の中では、
ドロドロの粒子の細かい シマミミズ君の糞は 目づまりの原因になり
シマミミズ君が繁殖すると 鉢バラが枯れてしまうこともあるようです。
プリンス様は、かなり 危ない状態まできていたことになります。

彼らのことをよく知らずに、鉢バラに入れてしまった私を許して 
プリンス様、シマミミズ君、本当にごめんなさい…


 鉢バラのミミズ君をどうするか…メアリーのまとめ                   

● 鉢バラにはミミズは入れない。
● 通気性のよいスリット鉢に植え替える。
● 7月、コガネ対策をかねて、バケツに鉢を15分つけて あぶりだす

● 水攻めのあとは、善玉菌もいなくなるかもしれないから、HB101を与える!

ミミズについては色々な考えがあると思いますが、メアリーの結論は↑コレ。
積極的に駆除するには、バケツにカルホスを溶かして鉢を浸すとよいそうです。

ちなみに、太ミミズ君は土の団粒化に貢献しているらしいのですが
寿命も短く、鉢バラの中で生活するのは難しそうでした。
また、鉢の中に堆肥などの有機物がなくなると、根もかじることがあるそうです。

前回、コメントをくださった方の中には、庭にシマミミズ君を放してしまい
ミミズ君 目当てにモグラさんがやってくるようになり、
バラを植えることができない…という ミミズ2次被害のお話もありました。

「シマミミズ」「バラ」「太ミミズ」←この3つのKEYワードで検索すると
私と同じ間違いをした先輩方の記述も たくさん 見つかりました。

どうか、思い当たるふしがある方がいらっしゃったら、お気をつけくださいね。

鉢バラにミミズは要注意です!  

うちも、今年の植替えはスリット鉢にしようかなぁ…と思われた方はどうぞ↓こちらから
                              通気性抜群! スリット鉢

         
   ↓ 「失敗は成功の母」と思ってくださる方、あたたかいクリックをお願いしま?す♪


←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
... よろしければ 応援ポチ お願い致します♪




今日も、長くなってしまいました…辛抱強く 最後まで読んでくださってありがとうございます。
   皆様の応援クリック、コメントを励みに更新しています           

PageTop





情報求む! バラの葉に異変…タールのような黒点→【すす病】

【11月21日追記】 
以下の病変は すす病ということがわかりました。皆様、情報ありがとうございました。
これから寒くなって バラ様の代謝も落ちてきますので、葉をむしる対応をします。
なお、原因と対処法については こちらをご覧ください。記事タイトルも加筆します。


 すす病の原因と対策、効果的な薬剤について
           

こんにちは♪ 今日も遊びに来てくださってありがとうございます。

先週、「菌曜日」には 落ち葉を使った話をするといいましたが
予定変更させてください。ごめんなさい!
菌製剤 アスカマンを使ったバラ用堆肥については次の記事でアップします。

実は、今日 バラの見回りをしている時に 葉の異変に気がつきました。
ちょっと お見苦しいのですが 見てください。

葉1

アルベルティーヌの葉です。一部の葉がこのようになっていました。 
白っぽくなって、黒いタールのような点があります。もう少しアップでもう1枚。

葉2

黒く光っているの わかりますか?
実は、9月頃にピエールの葉が同じようになっていました。
水涸れのダメージのあと、何か虫にでもやられたか…と、全部葉をむしりました。
でも、前回も今回も 虫は見つけられませんでした。

バラの先輩に口頭で症状を話したら 「べと病では?」と言われ
ネットで調べてみたのですが、よくわかりません…べと病でしょうか

変な病気でなければいいのですが、このような症状を ご存知の方
いらっしゃれば教えてください 
どんな情報でも結構です。どうぞ よろしくお願いします (っ´ェ`c)
ちなみにピエールは、新しい葉が展開し 元気を取り戻しているように見えます…

見栄えの悪い葉だけでは気持ち悪いので、よい報告も!

グッドアイディア

しーる様 に教えていただいて、インパチェンスを水挿ししたら
きっかり1週間で根が生えてきました!

適当にポキっと折って 10本くらい挿しておいたのですが 全部 発根して
花まで咲いてしまいました。インパチェンス強いですね?
これで、小さく冬越しできそうです。 しーる様 ありがとう!ヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ←日本ブログ村のランキングに参加してみました! 
  よろしければ 応援ポチ よろしくお願い致しますm(_ _)m



          皆様の応援クリック、コメントにいつも感謝しております
            どうぞ、皆様にとって すばらしい週末でありますように♪




PageTop





植替えで見つけてしまったもの ヽ(ll゚◇゚ll)ノノゲ!

こんにちは! 当ベランダへようこそいらっしゃいませ ( -ω- )y-~

昨日、メアリー地方は 上着のいらない暖かさでした。
こんな日に植え替えをやらずに なんとする 

髪を束ねて、ぼろズボンに履き替えて、がんばりました!

これが、やりだしたら とまらない! 
ウッ かっぱえびせん♪

午後から作業を始めて、8号・10号あわせて6鉢。
ちび苗のポットあげ、16個。
剪定も、半分ほど終わらせました♪ ふ?


カテゴリをわけたいという理由で、
作業は1日に集中してやっているのですが、
ちょっとづつ記事にしていきたいと思います。

ではまず、昨日、最後に植え替えた カフェ 様から。

カフェ 11月8日 
(画像は昨秋のものです)

見たことないものを 見つけてしまいました <(ll゚◇゚ll)>

いや、見たくないものを 見つけてしまったんですの <(ll゚◇゚ll)>
見なかったことにしたいものを、見てしまったんですの<(ll゚◇゚ll)>

これが癌腫?! というものでしょうか。。。?! 



そして、もひとつ。
オマケで なんなの この卵?! というお話です。

写真は、大きなまま「続きを読む」に入れますので、
病気かもしれない根っことか、虫の卵とかノーサンキューという方は
ここから先は絶対 見ないでください!

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ← ブログ村の薔薇ブログはこちらから! 
   薔薇を育てている方の楽しいブログがいっぱいです♪



しかし、経験者の方は ぜひコメントお願いしますwww  
PageTop





癌腫の治療 & ハダニ対策の第一歩

今日も当ベランダにお越しくださってありがとうございます♪

まだ、植替えの記事を全部アップできていないのですが、
今日は、先日 発見してしまった「癌腫の治療」と、
バレリーナ様を苦しめている「ハダニ対策の第一歩」について書きます。

バレリーナ様の記事を書いたあとに、いつもコメントをくだる
ブログ 「生きてます。」の inka様が ご自身の経験から
ハダニ対策について詳しく書いてくださっていました


inka様のハダニ検証記事はこちら ⇒ 今頃トウガラシエキスの考察


こちらを参考にして、メアリーもさっそく トウガラシエキスの仕込みをしました!

トウガラシ酒

ジャジャン!

トウガラシの赤がきれい?

鷹の爪を種ごと入れるのが
秘訣らしいです。


私はお酒は飲まないので
小びんのお酒を買ってきて
それに直接、
鷹の爪をいれました。

お酒の量は100ml。
500倍希釈なら
1リットルに2mlですから
たっぷり50回は使えます♪



風向きによってかなり目にしみるそうなので、
泥棒よけに原液をスプレーに入れて 枕元に置いておくのもいいかも♪



え? お酒の種類ですか?

お酒を飲めないメアリーは、お酒のことがサッパリわからず
inka様にお酒のことを色々教えてもらいました。

「よし! 甲類の焼酎ねぇ!

と意気込んでスーパーに走ったのですが見つけられず。。。
ウォッカは高いし…ワインならピンからキリまで たくさんあるけど…
と散々悩んでコレにしました。

上のビンを 正面からみると…






お酒
皆さま、よくご存じの製菓用のホワイトラム。
(inka様 これでも良かったかしら?!)

「風味が軽く、色も透明。サトウキビを原料にした
  南国の太陽の香りがするスピリッツ」

と、ラベルに書いてあって、
これだ! と決めてしまいました。
アルコール度数45%で透明!
ウォッカに近くない???


無農薬栽培をめざすメアリーは、
数年前に 木酢液に鷹の爪とニンニクを付け込んだものがよいと聞き
付け込んで散布したことがあります。
もちろん!  ニンニクは青森産!!

ところが、香りが良すぎて、ドラキュラも真っ青のニンニク臭

「メアリーさん、ベランダでキムチつけるのやめてください!」

と苦情が出る前に、ニンニク・トウガラシの木酢散布はやめてしまいました。
でも、トウガラシをお酒につけたシンプルレシピなら大丈夫そうですね 

inka様、作り方、使い方を詳しく教えてくださってありがとうございます!

トウガラシエキスの散布方法もコチラ! ⇒ 今頃トウガラシエキスの考察


さて、この後は癌腫の治療の話です。
またしても病気の根の写真が出てきますので、「続きを読む」に入れておきます。
苦手な方は、この先は絶対に読まないでね♪


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ←日本ブログ村のバラ栽培ランキングはこちら! 
  バラ好きの方の楽しいブログがたくさんあります♪



PageTop





7年間の思い出に涙がこみ上げて…(┬_┬)

今日も当ベランダに遊びに来てくださってありがとうございます。

2月中旬からスパートをかけて、
ようやく、植替えやら 誘引やらが ほぼ終了しました。
残るは、アスカマンで仕込んだバラ用堆肥ができるのをもう少し待って
一部の鉢に施すのみです。


剪定済みのバラ様たちは あまり早くから芽が動かないようにと、
花台からおろして寒い日陰に置いていましたが

ずいぶん暖かくなってきたので、陽のあたる花台へとあげました。
下から上へ、右から左へと 鉢の大移動。

ほとんどのバラ様が芽を大きく膨らませ、
中にはスッカリ葉を展開している方もいらっしゃいます。(←ベビロマ様です)

そんな中、1人沈黙して気配のないバラ様が…

マダムのオベリスク

14号の杉樽鉢に、160センチの
オベリスクを立てて誘引している
マダムプランティエ 様。

この方は、他のバラ様より遅く咲き始めて、
満開時には枝が見えないほど 
白く透き通った花を見せてくださいます。

そして、花が終わると

「私はすべての力を出し切って咲いたの…」

とつぶやいて、
静かに すべての葉を落とされます。

夏に伸びたわずかな枝に 
新しい葉を広げますが、
1年のほとんどを 
細い枝だけの姿で過ごされます。




オールドローズなので、剪定も細い枝先を切る程度。

しかし、春になると 
どこに そんなエネルギーをためていたのかと思うほど
古い枝からも一斉に芽吹き、つまようじ程の細い枝先に立派な花をつけます。

ターシャも愛したという、マダムプランティエ様。

花後に葉を落とす性質から、
日照時間の短い北東ベランダでも大丈夫ではと思い
この春に 光反射シートを張った北東ベランダにおつれする予定でした。

ところが…


枝先の芽が黒い…。
1枝だけでなく、どの枝も芽が黒い。
赤く膨らむはずの芽が 黒く枯れているのです。


あわてて、掘り上げてみました。

根


…コガネです。

根がまったくありません。ひどい…ひどすぎる…
いったいどうして?! 

一緒に植えていたアイビーの根は まったく食べられてなくて
見事に、プランティエ様の根だけが食べられています。

切り戻してみたら、1本だけシュートに脈がありました。
ダメ元で挿し木し、株も赤玉の鉢に入れてみました。
でも、正直 状況は厳しい…  

プランティエ様は、「裸苗?初めてのバラとの出会い」で 一度ご紹介しましたが、
私をバラの世界に引き合わせてくださった大切なバラ様。

アイスバーグ&マダムプラン

お迎えしてから7年。
毎年、素敵な花を見せてくださったプランティエ様。

何も知らずに裸苗のまま2カ月も放置してしまったこと、
初めて見た1輪の花の美しさに魅せられたこと、
花後に落葉すると知らずに あらゆる活力剤を試したこと、
咲き誇る姿に嬉しくなって 肥料をあげすぎて奇形花を咲かせたこと、

7年間の思い出がよぎって 涙がこみ上げてきました。

私にとっては 本当に大切なバラ様で、
プランティエ様が一人っ子の時は、葉のない枝を
毎日 穴があくほど見つめて チェックしていたのに、
最近はどうだったでしょう…

病気もせず、アブラ虫もつかず、剪定の手間もかからない。
何もしなくても 咲くことが当たり前のようになっていた…

今年の春は、たくさん写真をとって 
ブログでおひろめしようと思っていたのに 
写真もこの1枚しかありません。


ごめんなさい。
もっと早く気がついてあげられなくて…(┬_┬)

今まで、毎年 たくさんの花を見せてくれて本当にありがとう。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
  よろしければ、ポチっとクリックお願いします♪ m(_ _)m



     いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
           皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています

PageTop





鉢を洗えば バラが咲く?! ハダニについて考える

いらっしゃいヽ(〃v〃)ノ キャッキャッ♪
今日も当ベランダに遊びに来てくれてありがとうございます♪

啓蟄 (けいちつ:3月6日 冬眠中の虫が起き出す頃  )
とはよく言ったものですね。

当ベランダでは、まだ お見かけしていませんが
あちこちで 「もうハダニが出た!」というブログ記事を
目にするようになりました。

カレンダーもみないで、きっちり出勤してくるとは
恐るべし、ハダニ様たちです!


お庭では大被害になることが少ないハダニ様ですが、
ベランダロザリアンにとっては なかなか縁が切れないお方…。
毎年、ハダニ様にマークされているバラ様は決まっていて
今年こそは うまく対処していきたい! と思っています。

そんな時、ブロ友のバジル様 の記事に目が釘付けになりました!


  メアリーが注目した記事はコチラ
  ⇒ ローズセミナー番外編 ハダニの越冬


灯台もとクラ?し!!!!!

鉢のふち


ハダニ様たちは、こんなところで越冬なさっていたのですね!
確かにここならば、苦手の雨はかかりませんし、
休眠中に石灰硫黄合剤を散布したとしても ぜんぜん平気ですわよね!

ムムム?ハダニ様やるわねぇ?。

 いわしも洗えば鯛になる」 という調理人の言葉がございますが
 鉢を洗えば バラが咲く」 ですわ!

しっかとバラ手帳にメモして
1月の植替えの時期には、歯ブラシで 
鉢のふちを ゴシゴシ洗いたいと思います 

この方法なら、薬を使わなくても 繁殖する前に防除できますものね♪

まだ 寒いエリアにお住まいの方なら、
この方法使えるかもしれませんよ♪
 
バジル様、素敵な記事をアップしてくださって本当にありがとうございます!

ビオラ パンジー
オマケ画像: 種まきしたパンジー、ビオラが 勢いよく咲きだしました


それにしても、
バジル様の記事を読んで胸にこみ上げてきた思い…

わたくし、ハダニ様のことを何も存じ上げていなかったのね…。゚(*ノДノ)゚。

ハダニ様のことを もっとよく知りたい…
何が好きなのか、どこからおいでになるのか…
それさえわかれば 待ち伏せアタックもできるかも…イジイジ( ´-ω-)σ@


そこで、図書館で借りてきたのが、
「ハダニ おもしろ生態とかしこい防ぎ方」 


本


この本は1993年に出版されている本ですが
ハダニ様のことを何にも知らないメアリーには とても新鮮でした!

最初に驚いたのは、ハダニ様は婚活不要! という事実  
ハダニは交尾をしなくても産卵できるらしく、
そこから生まれてくるハダニはオスのみ。
10日ほどで大人になって、このオスとラブラブで子孫を増やす…
ヒエェ??(゚◇゚ノ)ノ―!! なめ太郎とはまた違った生き残り戦略です!!!!!



あ、失礼。そんな虫オタクな話は置いといて…

この本は、ハウス農家の方向けにかかれた本ですが

● 年齢で(40歳代・50歳代・60歳代)対策が変わる
● かぁちゃんたちによるナミハダニ株元接種
● かもしれない+かもしれない=ちがいない(誤判断の公式)
● 加害と被害は違う


など、ハダニ様の生態だけでなく
お世話をする人たちの生態(?!)が ハダニを増やす一因になっている
ということが面白おかしく書かれていて、ベランダ栽培のヒントも盛りだくさん!

イラストも多くて、読みやすい文章だったので
あっという間に読んでしまいました。


 その中で、すぐにでも実行できそうな防除の話を1つだけご紹介

例題) ある日、気がつくと 葉裏でハダニ様ご一行が宴会中!!
    キー!ヾ(#`Д´#)ノ と怒ったあと、皆さまはどうされますか?


メアリーは、食害された葉を全部とって 
水道シャワーでさっぱりバラ様を洗って差し上げておりました


この↑青文字2行の行間に、il|li 落とし穴 il|li が隠されていたのです

ちぎった葉をどうするか?!
ゴミ袋につめます。

ゴミ袋はどうするか?!
口を結んで、ゴミ出し日までベランダに置いてます。←ココ! 注目

ハダニの袋1

ハダニ様は「生きた葉っぱしか食べられず、上へ上へと登る」習性があるそうです。
なので、摘み取った葉(生きてない)からただちに離れ
ゴミ袋の中で上へ上へ…

ゴミ袋の結び目なんか あっちゅう間に脱獄して
ハダニ帝国再興にむけて あちこちへと散らばっていく…

というではありませんか?!

そもそも、ハダニは気に行った葉っぱにとどまる性質があるらしく
最初は1株に被害が集中して発生することが多いそうです。
(確かに、心当たりが…)

その 最初の1株のハダニ様を駆除したつもりが、
私が他の株へ被害を拡大する手助けをしていたとは!!!
 



ならばどうするか。

ハダニの袋2

ゴミ袋を、ゴミの日まで逆さにしておくとよいそうです。

ハダニ様は「上へ上へ…」登るのがお好き。
出口が下にあることには気がつかず、
袋の外に逃げ出すことができないそうです。

もうすぐ、ホワイトデーですが、
やはり 相手の好みをしっかり知ることって大事ですわね 


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
  よろしければ、ポチっとクリックお願いします♪ m(_ _)m



     いつも、応援ありがとうございます。よかったら、また遊びにきてネ (o'∀'o)ノ
           皆様の応援クリック、コメントを励みに 更新しています



PageTop





バラの鉢土に見た無数の白い虫 & 今の花

今日も当ベランダに遊びにきてくださって ありがとうございます♪

もう、つぼみのついたバラもあり すっかり春が来たと思った矢先、
昨日はとても寒くなりましたね。皆さま、いかがお過ごしですか?

さて、今週は啓蟄(けいちつ)にちなんで  虫の話を続けてしたいと思います。

でも、今日のムシは「  実写 」です。
メアリーにとっては、どうしても書いておきたい記事ですが
苦手な方もいらっしゃると思うので、「続きを読む」に入れておきますね。

無農薬・有機栽培に興味のある方は、ちょっと勇気を出して見てみてください♪

そして、せっかく来ていただいた方のために
バラ様ではありませんが、
ベランダで目にとまったイロイロを 少しご紹介したいと思います。

クリスマスローズ

ヒヨドリの難をのがれた クリスマスローズ。
カットしてコップにさしました。

スキミア

間違ってフェイクプランツを買ったのかと思うほど 12月から姿を変えない スキミア
バラ様に添えたくてお迎えした、赤いお友達♪ 日陰でも育つそうです。

白・銀葉

銀葉が美しく、デージーのような白い花を咲かせる植物。
名前がわからなくなってしまいました。
花がある時も、ない時も 美しい大好きな一鉢です。

オイルステイン

そうそう、少し前に、杉の鉢にオイルステインを塗りました。
左が塗る前、右が塗ったあと。

ちょっと見栄えがよくなるでしょ?! 
1年に1度、化粧直しをするだけで とても長持ちします。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 
 ←日本ブログ村のランキングに参加しています。 
  よろしければ、ポチっとクリックお願いします♪ m(_ _)m



では、そろそろ本題です。
バラの鉢に見た、無数の白い虫…
 
「続きを読む」に写真をそのまま 載せますので 
虫が苦手な方は絶対に見ないでくださいね♪

PageTop





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。